スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.04.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    織田信長の生誕を育む会 「うつけ隊」

    0
      「うつけ隊」織田信長「天下布武」は我にあり!勝幡で生まれた信長様は 生まれた時から「うつけ者」何の何の天下統一 信長様の胸の内                                         『 応仁の乱の後、百年もの長い間、日本国中に、戦争がたえなかった。これが、いわゆる戦国時代と言われた時代である。織田信長は、この国の乱を鎮め、その強い力で天下を治めることができた、はじめての武人であり、大名であった。信長は、少年の頃から、「敦盛」という舞に合わせた文句の中で、「人間五十年。下天のうちをくらぶれば、夢幻のごとくなり」というのを好んだ。この意味は、「人間五十年も生きれば、やがて死ぬものなのだ。そう考えてみると、世の中のすべてのことが夢か、幻のようにしか思えない。」とでも、いったらよいであろう。  信長は十四歳のとき、父の織田信秀に従い、はじめて戦場に出た。そのとき 「父上、人間と言うものには、ただひとつ、生まれた時から、はっきりとわかっていることがありますね。」 といった。 「ふむ、それは何か?」 「それは、死ぬことです。」 「なるほどな。」 「それだけが、はっきりと判っています。あとのことは、どうなるのかわかりませぬ。」 いくら、戦国の世のことではあっても、十四歳の子がこのようなことを考えていたことは、驚くべきことではないか。 父の信秀も、びっくりしたように、しばらくの間は、じっと、我が子の顔を見つめていたが、そばにいた家来の平手政秀へ、「信長は、きっと、よい跡継ぎになってくれるであろう。」  嬉しそうにささやいたたという。  そのころは、長い長い戦争が続くうちに、天皇がおられる京の都も荒れ果てていまい、天皇のかわりに国を治めるはずの足利将軍の力も、衰えてしまっていた。 つまり。本来ならば天皇を守り、将軍を助けるはずの武士たちが、それぞれに自分の国へ帰っていまい、自分の国の町民や農民たちを従え、勝手に勢いを伸ばし始めた。 だから、天皇も将軍も、身分の高い人々も、こうした武士たちの力を抑えきれなくなってしまっていた。実力さえあれば、どんなに身分が低くて、卑しめられていた者でも、上のものを押し倒して勢いを広げる。 (参考:池波正太郎著 「信長と秀吉と家康」)        

      | 1/1PAGES |

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      ローカルテキスト

       

      見つけよう!Amazon

      ドリームポケット

      ゴールデンアイ

      レインボーマップ

      recent comment

      recent trackback

      profile

      search this site.

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM