スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.04.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

             キアヌ・リーブス

    0
       
       彼の幼少期は世界各地を転々としながら母親の再婚相手と共に生活するという不安定な

      ものであった。実の父はキアヌが3歳の頃に妻と家族を捨てたため、現在に至るまでキアヌ

      は彼と一切の縁を切っている。1966年の
      離婚後、母は衣装デザイナーの職に就き、最初

      オーストラリア、続いてニューヨークシティへと移り住んだ。そこで母は
      ハリウッドブロー

      ドウェー
      の監督のポール・アーロンと出会い再婚する。しかし、家族で移り住んだ先のトロン

      で1971年に離婚。1976年実業家のロバート・ミラーと再々婚するも、1980年に離

      婚。4番目の夫である
      美容師のジャック・ボンドとは1994年に結婚生活の終わりを迎えてい

      る。両親に代わって、祖父母と
      ナニーベビーシッターホームスクールの先生)が、キアヌ

      とキム(妹)の面倒を見た。


       キアヌは主にトロントで育ったが、5年間に4つの高校に通っている。そのうちのひとつ、


      Etobicoke School of the Arts


      では
      退学処分を受けている。その

      理由について彼は「だって、僕はだ

      らしなくて落ち着かない生徒だった

      からね。少々やんちゃで、嘘をつき

      過ぎた。端的に言って素行のいい

      生徒じゃなかった。恐らくみ

      んなの足を引っ張る存在だったんだね」と語っている。キアヌは
      アイスホッケーにおいて優れ

      た能力を発揮する一方、
      失読症により学業に苦労した。通った高校の内の一つDe La

      Salle College "Oakland"
      では、ゴールテンダーとして活躍。仲間は彼を「The Wall

      (壁)」と呼び、投票で
      最優秀選手に選出した。当時の彼にとっては、冬季オリンピックアイ

      スホッケーカナダ代表
      の選手になることが一番の夢であったが、怪我によりその道は断たれ

      た。その後、
      俳優業と並行して通えるフリースクールに入るも中退。結局、高校教育を修了

      することはなかった。


       9歳で舞台Damn Yankees』に出演したのがキアヌの始まりである。1989年に主演を

      務めた映画『ビルとテッドの大冒険』が予想外の成功を収める。同作は続編も制作され、キ

      アヌは「テッド役の十代の俳優」として世間に認知されるようになる。
      1991年には親友の

      ヴァー・フェニックス
      と共に『マイ・プライベート・アイダホ』に出演した


       彼を一躍スターダムに押し上げたのは
      1994年の『スピード』である。続く『スピード2』にも

      出演オファーがあったものの、彼は自分のポリシーにこだわり、『
      ディアボロス』と『死にたい

      ほどの夜
      』に専念するとの理由でこれを断っている。その後、いくつかの映画に出演したもの

      の、やや表舞台からは遠ざかる形となっていた。しかし、『
      マトリックス』(1999年)に出演

      後、再ブレイク。3部作に主役として出演した。



       実は 「マトリックス」 を観たのは、まだ最近で初めは、最新の特殊効果の撮影技術を見

      せるぐらいの映画と思っていた。ところが、ひょんな拍子から第1作目を観たらはまってしま

      った。「マトリックス」の世界観を理解するのに、少し時間はかかるが見ごたえのある作品で

      あると思う。先回登場した 「ジェニファー・コネリー」 と共演してる 「地球が静止する日」

      もSF映画の好きな方にはお勧めだ。あと、ホラー映画の好きな方は 「コンスタンティン」 を

      お勧めしたい。彼の役は、天国と地獄のエージェント。ただ怖いだけのホラーではなく、アク

      ションホラーとでも言った方がいいかも知れない。

      ハートブルー アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]

      新品価格
      ¥1,000から
      (2012/5/25 12:30時点)


                 ジェニファー・コネリー

      0

         ニューヨーク州二ュ−ヨーク市出身。当時、父親のジェラード・コネリーはジュニア向けの

        ファッションデザイナー、母親のアイリーン・コネリーはアンティーク製品のディーラーをして

        いた。母方の祖父母からはロシア人
        及びポーランド人の、父方の祖父母からはアイルランド

        及びノルウェー人の血を引いている。 英語の他に仏語・伊語に堪能。


         学業と仕事のバランスを取りながらイェール大学で2年間にわたって英語学と演劇学を学

        んだ後、スタンフォード大学
        に転入学して古典演劇と即興演劇を学んだが、卒業するには至

        なかった。


         
         両親の友人の勧めでモデルになる。コマーシャルや雑誌の仕事を経て、1982年にテレビ

        ドラマ『Taies of the Unsxpected
        』の「The Girl」の回に出演して女優デビュー。 そして

        1984年に『ワン・スポン・ア・タイム・イン・アメリカ
        』でヒロインの子供時代役を得て映画デ

        ビューを飾った。 1985年の『フェノミナ
        』で特に日本ではポストブルック・シールズとして注

        目され、数社のコマーシャルに起用、日本語でのレコード発売、映画雑誌の表紙を飾るなど

        してアイドル的な人気を得た。



         
         2000年の『レクエイム・フォー・ドリーム』の演技が評判を呼び、インディペンデント・スピ

        リット賞
        助演女優賞にノミネートされた。ついで2001年公開の『ビューティフル・マインド』 

        アカデミー助演女優賞
        ゴールデングローブ賞 助演女優賞 英国アカデミー賞 助演女優賞

         ・第7回放送映画批評家協会賞 助演女優賞・アメリカ映画協会賞年間最優秀女優賞を得

        し、演技派女優として認められるようになる。『ビューティフル・マインド』についてはブログの

        最初の方で解説しているので、詳しい事は省くが私も非常に感動した作品である。


         俳優以外の活動では、バレンシアガレブロンの広告塔を務めている。2005年にアムネ

        スティ・インターナショナル
        USAの人権教育大使に任命される。 ピープル誌などの「世界で

        最も美しい50人」に選ばれたこともある。

        ビューティフル・マインド [DVD]

        新品価格
        ¥1,400から
        (2012/5/25 12:33時点)


                   ジョニー・デップ

        0


            今や 「パイレーツ・オブ・カリビアン」で 不動の個性派男優の地位を築き

           「チャリーとチョコレート工場」 「アリス・ザ・ワールド」とその個性派ぶりを

           いかんなく発揮している彼である。その彼が 現在でも出来れば続編をやり

           たいと語っている作品がある。

            今から21年前の1990年に公開された 「シザーハンズ」がそれだ。純粋
           
           無垢な心を持つ人造人間と少女の交流を描いたファンタジー映画である。

            ご覧になった方も多いと思うが ざっと あらすじを辿ってみよう。


            とある孤独な発明者の手によって生み出された人造人間エドワード。

           しかし発明者はエドワードを完成することなくこの世を去ってしまった。

           両手がハサミのまま・・・。一人残されたエドワード。

            ある日、エドワードの住む城に化粧品を売りに来たペグは 彼を家に連れて

           帰ることに。エドワードは植木を綺麗に整えたり ペットの毛を刈ったりして

           人気者になってゆく。そして エドワードはペグの娘キムに恋をする。

           しかし 人間社会の辛く悲しい現実が彼を待ち受けていた・・・。


            当初 エドワード役はトム・クルーズが候補に挙がっていたが 彼が要求した

           ハッピーエンドを監督のティム・バートンが却下したため 降板した。

           トム・クルーズについては後日語る事にするが ティム・バートンは初めて会った

           ときのジョニー・デップは箸にも棒にもかからない程に下手な役者だったとして

           いる。同時に自分の枠を突き破ろうとする意欲のある役者として 映画監督とは

           そんな役者と仕事をしたい職業なのだと語っている。


            初めてこの映画を見た時 ほんとうに感動した。ともすると グロテスクな人造

           人間になりそうな役を ジョニー・デップは純真で見事な愛を表現する。

           エドワードがキムのために 氷の天使を作る時 たくさんの氷のクズが出るのだか

           それが 雪のようで その下で踊るキム・・・。ロマンチックなシーンである。


            この映画はハッピーエンドではない。でも それを感じさせない終わり方をしている。

           今も 恋人と見たい映画のベスト10に入っているのが納得できる。  


                    レオナルド・ディカプリオ

          0

             父の再婚相手の息子(レオナルドの義兄)がテレビコマーシャルで多くの収入を得ていたこ

            とに感化され、俳優になることを志す。10歳頃からオーディション
            を受け始めたが幾度と無

            く不合格となり、挙句の果てには、本名の響きはエキゾチックであるとして「レニー・ウィリア

            ムス」への改名
            を打診されるなど不遇の時期が続いた。


             
             14歳で初めてテレビコマーシャル
            への出演を果たすと、テレビドラマにも出演を重ねるよ

            うになり、1993年
            に出演した『ギルバート・グレイブ』で19歳にしてアカデミー助演男優賞

            にノミネート。その後も立て続けに映画への出演を重ね、『ロミオ+ジュリエット』ではベルリ

            ン国際映画祭
            の銀熊賞を受賞した。


             
             ディカプリオを一躍スターに押し上げたのは、1997年
            公開の『タイタニック』である。数多く

            の興行収入記録を塗り替えたこの作品での、悲劇的にして純粋な役柄が生来の端正な顔立

            ちと相俟ってその名声と知名度が世界規模に飛び火した。日本
            では各種メディアがディカプ

            リオをレオ様と表現し、文科系
            と呼ばれる層を中心に厚い人気を持った。

             
             
             世界でも「レオマニア」と呼ばれる熱狂的ファンが生まれ、1990年
            後半を象徴するセック

            ス・シンボル
            となった。さらにこの頃サービスが開始されたインターネットにおいても、世界で

            最もその名が検索された人物となった。


             
             申し訳ない話だが、私は『タイタニック』を観てない。幾度か見てみようと思う機会はあった

            のだが、実はパニック映画は苦手なのである。古くは『タワーリング・インフェルノ』も観てな

            い。さらに泳ぎに自信がないので、海自体に恐怖心があるのだ。


             
             ともあれ日本でも一躍有名となったレオ様(ディカプリオ)。私の好きな映画は『ブラッド・ダ  

            イヤモンド』である。この映画の舞台は1999年、内戦に揺れるアフリカのシエラオネ共和国

            である。紛争地域におけるダイヤモンド密輸の実態を鋭く描き出したアクション大作だ。

             監督は「ラストサムライ」のエドワード・ズウィック監督だ。見どころは、いろいろあるのだが

            ひとつは「家族愛」。アフリカ内戦地域では、子供も傭兵として洗脳される。引き裂かれる家

            族その家族を守る父(黒人)、母、妹。ディカプリオはこれまでにない役柄、ダイヤの密輸に

            手を染める元傭兵だが、いつしか黒人家族を助けるために奔走する。しかし、彼に待ってい

            たものは・・・・。

             アフリカの紛争地域におけるダイヤモンドの密輸の実態を暴こうとするジャーナリストを女

            優のジェニファー・コネリーが演じている。彼女は、私の好きな女優のひとりである。詳しくは

            また後日としたい。

             

             アフリカは世界の未来を握っている地域である。映画ではあってもこれに近い状況にあると

            思う。この映画が、アカデミー賞の5部門にノミネートされたこともそれを証明している。

            J・エドガー Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)

            新品価格
            ¥2,891から
            (2012/5/25 12:34時点)


              ハリソン・フォード

            0

                ハリソン・フォード(Harrison Ford, 1942年7月13日 - )は、アメリカ合衆国俳優である。イリノイ州シカゴ生まれ。


               
              父親のクリストファー・フォードはアイルランド系アメリカ人で元俳優、母親のドロシー・フォードはラジオ女優でロシア系ユダヤ人。身長185cm。


               
              ウィスコンシン州の私立リポン大学在学中に演劇に目覚め、中退後、地元劇団での活動を経て、本格的に俳優として活動するためロスアンゼルスに移住。そこでコロンビア映画の重役に認められ、同社所属の俳優として契約を結び、1966年『現金作戦』で映画デビュー。その後は大作映画やテレビドラマで脇役やゲスト出演を続けるも、充分な作品に恵まれない状況や映画俳優としての出し方に疑問を抱き、契約終了後は独学で技術を学び、大工に転職。家のリフォームや家具作りをしながら生計をたてる一方で、俳優として活躍するチャンスを模索した。


               その後、大工仕事を通じて知りあった映画プロデューサー、フレッド・ルースの紹介を受け、映画『アメリカン・グラフィティ』に出演。自身の役柄に対して、様々なアイディアを出すなど積極的な姿勢が評価され、監督であるジョージ・ルーカスの信頼を得ると共に、この映画のプロデューサーでもあったフランシス・フォード・コッポラにも注目され、続けて『カンバセーション/盗聴』に出演。その後はアメリカン・ゾエトロープコッポラのスタジオ)で裏方として働きながら、コッポラやルーカスなどと親交を結んだ。


               1977年には、フレッド・ルースの紹介で『スター・ウォーズ』のオーディションに参加、参加時の不安な心境と男らしい雰囲気が決め手となり、ハン・ソロ役に抜擢され、同映画の爆発的ヒットに伴い、一躍人気スターとなった。『スター・ウォーズ』旧3部作のハン・ソロ役を演じる一方、『ナバロンの嵐』や『ハノーバー・ストリート』など数々の話題作に出演し、俳優としての活動に弾みをつけ、1981年には、ジョージ・ルーカス製作の『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』に主役のインディ・ジョーンズを熱演。同作も『スター・ウォーズ』同様大ヒットを記録し、後にシリーズ化された。


               アメリカ映画界の二大ヒーロー役を手にし、アクションスターとして活躍する一方、1985年には『刑事ジョン・ブック 目撃者』で正義感溢れるタフな刑事役を主演し、アーミッシュの文化に戸惑いながらも、犯罪を目撃した母子と心を通わせる人間味豊かな演技が評判を呼び、その年のアカデミー最優秀主演賞にノミネートされ、演技力も高く評価された。


               その後は、ロマン・ポランスキーアラン・J・パクラマイク・ニコルズなどアメリカ映画界を代表する監督陣の映画に相次いで出演。『ワーキング・ガール』では、ヒロインと恋仲になる重役を軽妙なタッチで好演し、『心の旅』では記憶喪失となりながらも、暖かい人間性を取り戻していく辛辣な弁護士を演じるなど、ロマンチック・コメディからサスペンスまで幅広いジャンルの映画に出演し、俳優としての幅を広げた。


               1992年にはベストセラー作家、トム・クランシー原作の映画『パトリオット・ゲーム』で、人気キャラクター・ジャック・ライアンを演じ、大ヒットを記録。前作の成功を受け製作された続編『今そこにある危機』にも同役で主演し、三度目の当り役となった他、1993年には、過去にゲストした人気ドラマ『逃亡者』の映画版で主人公リチャード・キンブルを演じ、興行的に大きな成功を収め、同時にゴールデングローブ賞にノミネートされるなど、ハリウッドのマネーメイキングスターとしての地位を確固たる物とした。


               90年代から2000年代もマイペースに俳優業を続け、2008年に4度目のインディ・ジョーンズを演じた『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』では、60代ながらも果敢にアクションに挑戦した他、2010年に公開された『小さな命が呼ぶとき』では俳優として出演した他に、自身でも2度目となる作品の製作総指揮を担当する等、精力的な活動を行っている。


               無名時代は、ハリウッド界隈でも腕の良い大工として知られ、
              ジェームズ・コバーンをはじめ、多くのハリウッドスターを顧客に持っていた。大工としての才能も傑出しており、仕事を始めてまもないころに知人の紹介でセルジオ・メンデスのスタジオの改築を手がけた際は、大工となって日が浅いにも関わらず、手馴れた手腕で取り組み、その見事な仕上がりに、メンデス自身から驚きと賞賛を得たほどである。本人も大工仕事には愛着を持っており、俳優として成功の後も、時折、自宅の家具作りやリフォームを自らの手で行っている。
               

               
              ワイオミング州ジャクソンホールに800エーカー(3.2km2)の農場を所有し、気に入った映画の脚本がない場合は、同地でのんびりと過ごすというライフスタイルを貫いている。また、飛行機ヘリコプターのライセンスを持ち、過去にヘリコプターや飛行機で人命救助を行い、『インディ・ジョーンズ』ばりの私生活と話題になった。自ら飛行機を操縦して来日したことがある。


               映画のプロモーションを積極的に行うことで知られ、日本には
              1982年の『ブレードランナー』で初来日以降、2008年の『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』まで、映画PRで計9回来日している。


               
              2001年には、『ギネスブック』では最も裕福な俳優と記されたほか、2003年にはハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに選ばれている。


               私生活では、1964年にメアリー・マーカットと結婚、2人の子供をもうけたが1979年離婚1983年に脚本家であるメリッサ・マシスンと再婚し、息子と娘をもうけたが2003年に離婚。その後は女優のキャリスタ・フロックハートと2010年6月15日、映画の撮影で滞在していたニューメキシコ州サンタフェで挙式した。


               
               『スター・ウォーズ』旧3部作のハン・ソロ役は、全世界の少年・少女に「夢と希望と勇気」を
              与えた。それは一元性のものではなく、今も世代を超えて受け継がれている。



               
                

              スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]

              新品価格
              ¥12,000から
              (2012/5/25 11:14時点)

              ランキング 応援お願いします!
                    
              人気ブログランキングへ
              にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                                      にほんブログ村

              通販サイト「カラメル」毎日使いたくなる文房具ブログ 
              お立ち寄りください☆

              グウィネス・パルトロー 〜 最も美しい人2013年 〜

              0

                 グウィネス・ケイト・パルトロー(Gwyneth Kate Paltrow, 1972年9月28日 - )は、アメリカ合衆国イギリス女優歌手。日本語ではグウィネス・パルトロウ、グウィネス・パウトロウ、ギニース・パルトロー、ギニース・パウトロウとも表記されることもある。 音声表記としては[GWIH-neth PAL-troe]と表示される。身長175cm。



                 
                カリフォルニア州ロサンゼルス出身。父はプロデューサーのブルース・パルトロー、母は女優のブライス・ダナー、弟は映画監督のジェイク・パルトロー。女優のキャサリン・メーニッヒはいとこにあたる。父親はアシュケナジムロシアユダヤ人の家系、母親はペンシルベニア・ダッチドイツ系アメリカ人)の家系のクエーカー教徒である 。


                 11歳の時にニューヨークへ移住。スペインに住んでいた時期もあり、スペイン語に堪能。父親の反対を押し切り、美術史を学ぶために進学したカリフォルニア大学サンタバーバラ校を中退、女優業に進む。 


                 1991年にオーデションで『過ぎゆく夏』に初映画出演する。同年公開の『フック』に幼い頃のウェンディ役で出演する。その後はテレビ映画など目立たない役が多かったが、1995年公開の『セブン』に
                ブラッド・ピットの妻役で出演し注目を集める。




                 1998年『恋におちたシェイクスピア』で第71回アカデミー賞主演女優賞、第56回ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)などを受賞。同年の『ピープル』誌にて「最も美しい人々」の一人になる。


                 舞台『プルーフ』では英国イヴニング・スタンダート演劇賞ローレンス・オリヴィエ賞の候補にもなる。2005年には『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』として映画化され、舞台と同じ役を演じた。


                 パルトローは、著名な
                17世紀ポーランドクラクフラビ、ダーウィド・ハッレーウィー・セガールの子孫であり 、ロシアのラビの家系Paltrowitch家は数世代に渡って33人のラビを輩出した。パルトローは、ユダヤ系の家系であることを誇りとしていると語っており、彼女の父親の暖かさ・思いやりはユダヤ人の伝統によるところがあるとしている。



                 1994年、映画 『セブン』で共演したブラッド・ピットと1996年11月に婚約するが、1997年6月に破局する。同年12月にベン・アフレックと交際を始めるが1998年に破局を発表。


                 その後も、俳優のロバート・ショーン・レナードルーク・ウィルソン、ミュージシャンのブライアン・アダムス、映画監督のウォルター・セールス、俳優のスコット・スピードマンと交際していたが破局。


                 2003年12月、交際していたイギリスのロックバンドコールドプレイのボーカル、クリス・マーティンの子供を妊娠したのを契機に結婚。2004年5月に長女を、2006年4月に長男を出産した。結婚・出産後はロンドンに住んでいる。



                 マドンナを敬愛しており、また、親友同士でもあったが、後に決裂した。


                 マクロビオティックの実行者でもあり、骨粗鬆症になったのはそれが原因でないかと指摘するジャーナリストもいる。


                 米People誌が選ぶ「最も美しい人2013年版Most Beautiful 2013が発表され、グウィネス・パルトロウ(40)がリストのトップに輝いた。




                 『恋におちたシェイクスピア』でオスカーを獲得、私生活ではCOLDPLAYのボーカル、クリス・マーティンと結婚し2人の子どもに恵まれて公私ともに順風満帆のパルトロウ。今回選出されたポイントは「家族と共にいるときにもっとも美しい」から。


                 「家にいるときはジーンズとTシャツで過ごしているの。メイクもしないわ」と、以前同誌に語っていたように、普段は着飾らず、家族との時間を大切にしている。2人の子を産んだとは思えない引き締まったスタイルはトレーナーのトレイシー・アンダーソンのおかげ。週に5日はワークアウトをこなし、体型に維持に努めているという。「このエクササイズのおかげで、より若く、強く見えるようになったと思う。始めた当初は全然上手にできなくて、まさに悪夢だった!でも今は歯を磨くのと同じぐらい自然にできるようになったの」と語る。アンダーソンのエクササイズは日本でも「ザ・トレーシー・メソッド」としてDVDが発売されており、かなりハードな内容だが効果は絶大だとして人気を得ている。


                 2013年、新作「アイアンマン 3」では、さらにパワーアップした彼女の魅力と美貌が見られる。歌手活動も含め、今後の活躍が期待される。




                 ランキング 応援お願いします!
                      
                人気ブログランキングへ
                にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                                        にほんブログ村


                ドリュー・バリモア

                0

                   ドリュー・ブライス・バリモア(Drew Blythe Barrymore, 1975年2月22日 - )は、アメリカ合衆国女優映画監督プロデューサーである。



                   
                  ロサンゼルス出身。父親はイングランドアイルランドの血を引く俳優のジョン・ドリュー・バリモア 、母親はドイツ出身のイルディコー・マコー(Makó Ildikó) [ˈmɒkoː ˌildikoː](イルディコ・ジャイド)で、第二次世界大戦のためドイツに逃れていたハンガリー難民であった。祖父はジョン・バリモア、祖母はドロレス・コステロ、大伯父はライオネル・バリモア、大伯母はエセル・バリモアのバリモア一族として有名な名家である。


                   ドリューが生まれる前に両親は離婚。3人の異母兄姉がいる。




                   生後11ヶ月からコマーシャルに出演。4歳の時に『
                  アルタード・ステーツ/未知への挑戦』で映画デビュー。1982年に『E.T.』で主人公エリオットの妹役で出演、その愛らしさで一躍天才子役として注目される。笑顔が可愛らしく愛嬌のある役が多いが10代から20代のはじめには「Bad Girl」として有名で、1995年には『プレイボーイ』誌でヌードにもなっている。


                   20代半ばからは再びヒット作に恵まれ、また自身の映画製作会社(フラワー・フィルムズ)を興して製作業にも携わっている。


                   2004年2月ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前が刻まれた。2007年4月タイム・ワーナー社の刊行している雑誌『ピープル』の「モスト・ビューティフル・ピープル2007」で第1位に選ばれた。



                   2009年公開の『ローラーガールズ・ダイアリー』で映画監督デビューを果たした。同年放送のテレビ映画『グレイ・ガーデンズ 追憶の館』でエディス・ボウヴィエ・ビールを演じ、ゴールデングローブ賞主演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)を受賞。エミー賞主演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)にもノミネートされた。


                   『E.T.』の出演で、天才子役として寵児になった彼女だが、私生活は荒んでいく事となる。学校では有名子役という
                  レッテルからいじめにあい、学校に満足に通うことができなくなった。そのため、勉強についていけない落ちこぼれとなってしまう。結果、学校に寄りつかなくなった彼女は、人としてのマナー常識を知らずに育つ事となる。幼い頃から夜遊びを覚えた彼女は、9歳から飲酒喫煙を、10歳でマリファナを、12歳の時にはコカインを使用するようになり、リハビリを繰り返していた。また、14歳の時には自殺未遂の騒ぎを起こす。自堕落の原因が母親にあると判断したバリモアは、15歳の時に母親からの独立を裁判で訴え、成人として裁判所に認められる。独立したバリモアはアルバイトをして生計を立て、オーディションに応募する日々が続いた。また、メディアの注目を浴びるため、夜な夜なパーティに出没しては破天荒な振る舞いを続けたが、以前とは異なり、たばこ・アルコール・薬物等は全くやらなかった。その後母親とは、2001年の映画『ライディング・イン・カーズ・ウィズ・ボーイズ』で10代で母親になる女性を演じたことをきっかけに、和解している。


                   
                  1994年にバーのオーナーの男性と結婚したが1ヶ月足らずで離婚。ルーク・ウィルソンと交際。2001年にはコメディアントム・グリーンと結婚したが、やはり5ヶ月で離婚している。2002年ごろからアメリカロックバンドザ・ストロークスドラマーであるファブリツィオ・モレッティと交際を続け、結婚も間近と報じられたが2007年に破局。




                   2007年8月には、ドリューがプロデュースした映画、『そんな彼なら捨てちゃえば?で共演したジャスティン・ロングと交際を始めた。2人は2008年4月にイン・タッチ誌が選ぶ“イチャイチャ度ナンバーワンカップル”に選ばれる程のおのろけぶりを披露していたが、同年7月に破局。その後ドリューは年下俳優チェイス・クロフォードエド・ウェストウィックと噂になり、ジャスティンもキルスティン・ダンスジニファー・グッドウィンとの噂もあったが、結局は翌年2009年3月にドリューとジャスティンの二人は元の鞘に収まった。2010年には『遠距離恋愛 彼女の決断で、二人は恋人同士を演じるものの再び破局。2011年2月からシャネルの元CEO アリエ・コペルマンの息子であるウィル・コペルマンと交際を始め、1年間の交際を経て、2012年に婚約したと報じられた。



                   
                   
                  2008年3月に出演したオプラ・ウィンフリー・ショーでアフリカの子供達に食べ物を提供するチャリティ団体World Food Programに100万ドル(日本円で約1億300万円)を寄付することを発表した。ドリューは2005年からこのチャリティに関わっていて、2007年には飢餓撲滅親善大使にも選ばれている。ケニヤを2回訪問し、World Food Programの働きを見てきたドリューは「私はこの目でたった1杯のポリッジ(オートミールなどのおかゆ)が子供の人生をいかに変えるかということを見たのです。この寄付で学んだり、健康でいられたり、明るい未来へと子供達を導けるのです」と語っている。



                   日本でも「天才子役」というレッテルが、その後の人生を狂わしてしまう例がある。彼女の場合、かなりの危険な状態からの復活であろう。その苦労は、映画監督としての手腕に活かされるに違いない。 


                    ランキング 応援お願いします!
                        
                  人気ブログランキングへ
                  にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                                          にほんブログ村


                  ニコール・キッドマン

                  0


                     ニコール・メアリー・キッドマン(Nicole Mary Kidman, 1967年6月20日 - )は、アメリカ合衆国ハワイ州出身オーストラリア女優映画プロデューサーである。



                     これまでアカデミー賞ゴールデングローブ賞受賞。2006年にオーストラリア国民の最高の栄誉である、勲章「Companion of the Order of Australia(AC)」を受勲。1994年よりユニセフ親善大使、2006年から2010までは国際連合婦人開発基金の親善大使も務めていた。ちなみに利き手は左である。


                     アメリカ系オーストラリア人の両親のもとに
                    ハワイ州ホノルルで生まれたため、アメリカ合衆国とオーストラリアの二重国籍である。4歳でオーストラリアシドニーに戻った。3歳下の妹にアントニアがおり、アントニアはオーストラリアでテレビ番組のプレゼンターをしている。


                     4歳からバレエを習い始め、Australian Theatre for Young Peopleで発声や演劇史を学ぶようになる。


                     15歳からテレビやミュージック・ビデオなどに出演、映画にも出るようになり、
                    オーストラリア映画で実績を積む。1988年に出演した『デッド・カーム/戦慄の航海』を偶然目にしたトム・クルーズに招かれてハリウッド入りし、『デイズ・オブ・サンダー』で共演、1990年に結婚した。



                     ハリウッド進出当時は、当時の夫であり、ハリウッド進出に導いたトム・クルーズ夫人としての側面が強く、いわゆる型どおりの美人女優として平凡なキャリアに甘んじた。しかし2001年にトム・クルーズとの離婚を機に、充実したキャリアを開花させ、以降、アメリカを代表する演技派女優として変身を遂げた。


                     2001年公開の『ムーラン・ルージュ』でゴールデングローブ賞(ミュージカル・コメディ部を受賞。2003年公開の『めぐりあう時間たち』では、特殊メークによる付け鼻で完全に自らの容姿を隠し、ヴァージニア・ウルフを演じきり、アカデミー主演女優賞ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)などを受賞した。


                     2004年には日本をはじめ世界各国で放映されたシャネル香水「No.5」のテレビコマーシャル(監督:バズ・ラーマン)に出演し、120秒(一部の国では240秒)という異例の長さのCMに注目が集まった。また、出演料も破格であった。現在はオメガの顔として広告に出演している。


                     映画1作品の出演料が高額なことで知られており、2006年には「最も出演料の高い女優1位」となる。


                     2007年1月、アメリカの経済誌『フォーブス』がエンターテイメント界で活躍する女性で資産の多い女性トップ20を発表し、ニコールは総資産72億円で18位にランクインした。


                     2008年のフォーブス』誌では高額なギャラ相応の興行収入が稼げないことから、「コストパフォーマンスの悪い俳優1位」になってしまった。


                     
                    アメリカ版『ザ・リング』などで有名なナオミ・ワッツとは、オーストラリア時代のルームメイトで今でも大親友。



                     1990年にトム・クルーズと結婚したが、2001年に離婚。二人は養子を二人取っているが、離婚後はお互いのもとで交互に暮らしている。「婚前契約で離婚をあと少し伸ばせば莫大な慰謝料が入る」と助言されても、それを無視して離婚、また離婚後には「これでやっとハイヒールが履ける」と発言した。トム・クルーズとの離婚後はレニー・クラヴィッツスティーヴ・ビーイングなどと交際した時期もあった。


                     2006年6月25日、カントリー歌手のキース・アーバンシドニーで結婚式を挙げる。2008年7月7日、第一子となる女児(サンデー・ローズ・キッドマン・アーバン)を出産。


                     2007年1月、ロサンゼルス市内において『インベージョン』の撮影中に乗っていた車が事故を起こし、スタッフら8名とともに病院に搬送された。彼女に大きなけがはなく、検査などを受けた後、病院を出た。スタント・ドライバーが運転を誤ったことが事故原因と見られる。


                     2010年12月28日、アーバンにとっての第二子であり、キッドマンにとっての三番目の娘であるフェイス・マーガレット・キッドマン・アーバンを代理母出産(「surrogate」、ただしキッドマンは「gestational carrier」と表現している)によりナッシュビルのセンテニアル・ウーメンズ・ホスピタルで授かった。この子供はキッドマンとアーバンの生物学的実の娘である。


                     彼女の魅力は、何と言っても宝石のような「ブルーの瞳」である。トム・クルーズに見いだされ、一時は人生を共にした彼女だが、その才能はそこに留まることを許さなかった。

                    アイズ ワイド シャット [Blu-ray]

                    新品価格
                    ¥1,734から
                    (2012/5/25 10:44時点)



                    ランキング 応援お願いします!

                    人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                                            にほんブログ村

                    通販サイト「カラメル」毎日使いたくなる文房具ブログ 
                    お立ち寄りください☆

                    ビューティフル・マインド 2

                    0
                        この作品で、アカデミー賞”助演女優賞”に輝いた「ジェニファー・コ

                       ネリー」
                       素敵な女性”妻”を演じている。彼女の変わらぬが、天数

                       学者の人生を救った。天才的な知能であるがゆえに国際的な諜報活

                       動に利用される。彼の潜在的な”精神分裂症”は現実さえも変えてし

                       まおうとする。天才数学者を演じるのは「ラッセル・クロウ」 彼もまた

                       見事な演技である。いい映画は心を満足させてくれる。実に
                      ”詩

                       的”
                      だ。


                      ビューティフル・マインド [Blu-ray]

                      新品価格
                      ¥1,849から
                      (2012/5/25 13:15時点)


                      ビューティフル・マインド

                      0
                         2001年度 アカデミー賞 ”主要4部門を受賞した作品。アカデミー賞を取った作品をみんな見てるかと言うとそうでもない。この作品を貫くテーマが心を引き付ける。最後の天才数学者「ジョン・ナッシュ」の言葉を紹介しよう。

                         「人として 最大の発見です。

                           愛という 不思議な方程式では

                             どんな問題も 答えが見つかる

                                君が僕の答え 君が すべての答え」
                         
                        天才であるがゆえの”精神分裂症”を乗り越え、ノーベル賞を受賞した彼が、壇上から妻に送った言葉である。

                        ビューティフル・マインド [Blu-ray]

                        新品価格
                        ¥1,849から
                        (2012/5/25 13:15時点)


                        | 1/16PAGES | >>

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        262728293031 
                        << March 2017 >>

                        ローカルテキスト

                         

                        見つけよう!Amazon

                        ドリームポケット

                        ゴールデンアイ

                        レインボーマップ

                        recent comment

                        recent trackback

                        profile

                        search this site.

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM