スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.04.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    徹人28人  〜 トーマス・エジソン 〜

    0

       トーマス・アルバ・エジソン(Thomas Alva Edison, IPA:['tɑməs 'ælvə 'edəs(ə)n], 1847年2月11日 - 1931年10月18日)は、生涯におよそ1,300もの発明を行ったアメリカ合衆国発明家起業家



       「発明王」の名を持つ。研究所が置かれた
      ニュージャージー州メンロパーク(メンロー・パークとも表記する)にちなんで、「メンロパークの魔術師」 (The Wizard of Menlo Park) とも呼ばれた。リュミエール兄弟と並んで映画の父とも言われている。ゼネラル・エレクトリック(GE) の雇われ社長でもあった。このほか、自らの発明の権利を守るため訴訟を厭わなかったことから「訴訟王」の異名も持つ。一方でジョルジュ・メリエスの傑作『月世界旅行』を公開前に無断で複製しアメリカ中の映画館に売りつけ巨額の富を得たという事実も存在する。


       日本では長らく「エジソン」という表記が定着していたが、近年は "di" という綴りを意識して「エディソン」「エディスン」と表記する場合もある。幼少期の通称は「アル」。


       「電球を発明した」人物として有名。実際には電球の原理はエジソン以前にすでに知られており、エジソンの独創ではない。電球などの家電を含めて発電から送電までを含む電力の事業化に成功したことが最も大きな功績である。一方、交流送電の優位点を理解できずウェスティングハウスとの間の電流戦争に敗北したこと、飛行機(厳密にはヘリコプター)を作ることを考えながらも安全面の問題から断念せざるを得ず、ライト兄弟に先を越されたなど失敗も少なくはない。




       エジソンは
      1847年2月11日オハイオ州ミランで父サミュエル・オグデンJr.(1804年8月16日 - 1896年オランダ人系)と母ナンシー・エリオット(1810年1月4日 - 1871年スコットランド人系)の間に生まれた。 エジソンは彼らの7人の子供の内7番目の子供で、7歳の時に家族はミシガン州ポートヒューロンに移った。


       小学校に入学するも、教師と馬が合わず中退した。当時の逸話としては、
      算数の授業中には「1+1=2」と教えられても鵜呑みにすることができず、「1個の粘土と1個の粘土を合わせたら、大きな1個の粘土なのになぜ2個なの?」と質問したり、英語の授業中にも、「A(エー)はどうしてP(ピー)と呼ばないの?」と質問するといった具合で、授業中には事あるごとに「なぜ?」を連発していたという。


       その様な好奇心は学校内に止まらず、「なぜ物は燃えるのか」を知りたいと思い立ち、を燃やしていたところ、自宅の納屋を全焼させてしまったこともあった。これらが重なった挙句、最終的には担任の先生から「君の頭は腐っている」と吐き捨てられ、校長からも入学からわずか3ヶ月で退学を勧められたという。


       学校だけではなく、父親からも見放されたエジソンは、基本的な勉強は小学校の教師であった母親に教わった。 母親は教育熱心だったらしく、元々好奇心が旺盛だったエジソンに対して、家の地下室に様々な化学薬品を揃え、エジソン自身もその地下室で科学実験に没頭していたという。


       このような少年時代を送ったが、母親も手伝いその後
      発明を複数行い、1877年蓄音機の実用化(商品化)で名声を獲得。ニュージャージー州にメンロパーク研究室を設立し、集まった人材を発明集団として機能させるべく、マネジメント面で辣腕を振るった。後年の伝記ではこれを「天才の集合」 (Collective Genius) と呼んでいる。



       研究所で電話レコードプレーヤー電気鉄道、鉱石分離装置、電灯照明などを矢継ぎ早に商品化した。なかでも注力したのは白熱電球であり、数多い先行の白熱電球を実用的に改良した。彼は白熱電球の名称をゾロアスター教の光と英知の神、アフラ・マズダーから引用し、「マズダ」と名付けている。この特許の有効性について訴訟が起こり、裁判特許(番号223, 898) が有効と判定されるまでに時間がかかった。一方で白熱電球の売り込みのための合弁会社を成立。直流電力を供給するシステムを確立させる。


       1887年にウェストオレンジ研究室に移る。ここでは動画撮影機キネトグラフを発明した。実は彼の部下であるウィリアム・ディッカーソンの発明。


       
      鉱山経営などにも手を出すが失敗。高齢となって会社経営からは身を引くが、研究所に篭り死者との交信の実験を続ける。1914年12月に研究所が火事で全焼し約200万ドルの損害を蒙ったが、臆せずその後も死者との交信についての研究を続けた。1931年10月18日、84歳でその生涯を終えた。また、ゴールデンロッド(goldenrod 和名:セイタカアワダチソウ)からゴムを取るのに成功したとも言われている。




       エジソンは生涯に2度結婚している。
      1871年12月25日に、自社の子会社の従業員であった16歳のメアリー・スティルウェルと最初の結婚をした。メアリーとの間には1873年にマリオン・エステル・エジソン、1876年にトーマス・アルバ・エジソン・ジュニア、1878年にウィリアム・レスリー・エジソンの3人の子供が生まれたが、多忙だったエジソンがあまり家に寄り付かなかったこともあってメアリーは引きこもりがちになり、次第に体調を崩していって1884年8月9日に29歳でこの世を去った。


       メアリーの死後、エジソンは同じく富裕な発明家・実業家であったルイス・ミラーの娘である20歳のマイナ・ミラーと1886年2月24日オハイオ州アクロンで結婚した。マイナとの間には、1888年にマドレーン・エジソン、1890年にはエジソン死後にエジソンの事業を引き継ぐとともに政治家となってニュージャージー州知事やアメリカ海軍長官代行を務めたチャールズ・エジソン1898年には科学者となったセオドア・エジソンの3人の子供をもうけている。マイナはエジソンとの死別したのち、1947年に亡くなった。



       自動車王のヘンリー・フォードとは生涯の友人であった。この二人がはじめて会ったのは1896年のことであり、当時はフォードはエジソン電灯会社の社員であった。フォードが発明したばかりのガソリン自動車の説明をすると、エジソンはテーブルを拳で叩いて喜び、フォードを励ました。その後、1912年にフォードがエジソンに業務提携を持ちかけ、提携自体は上手くいかなかったものの友情は続いた。フォードは1967年、エジソンは1969年に、それぞれ自動車殿堂入りをしている。


       彼の言葉から、「99回失敗しても、最後の1回成功すればそれが全てである。」ことを学んだ。エジソンは失敗を失敗とは思っていない。成功のための成果として捉えている。人生の示唆に富んでいる。


       

       ランキング 応援お願いします!
            
      人気ブログランキングへ
      にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                              にほんブログ村


      | 1/1PAGES |

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << March 2017 >>

      ローカルテキスト

       

      見つけよう!Amazon

      ドリームポケット

      ゴールデンアイ

      レインボーマップ

      recent comment

      recent trackback

      profile

      search this site.

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM