スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.04.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    徹人28人   繊.團─璽襦瓮ーギュスト・ルノワール 〜

    0

       『新シリーズとして ”徹人28人" と題して、各界の徹して生きてきた人を28人紹介したいと思います。なお、あくまで私の主観に基づいてますのでお許し下さい。』 


       ピエール=オーギュスト(オギュスト)・ルノワール(Pierre-Auguste Renoir発音例1841年2月25日 - 1919年12月3日)は、フランス印象派画家である。後期から作風に変化が現れ始めたので、まれにポスト印象派の画家とされることもある。



       風景画、花などの静物画もあるが、代表作の多くは人物画である。初期にはアングルドラクロワなどの影響を受け、モネらの印象主義のグループに加わるが、後年は古典絵画の研究を通じて画風に変化が見られ、晩年は豊満な裸婦像などの人物画に独自の境地を拓いた。日本など、フランス国外でも人気の高い画家である。


       長男のピエール俳優次男のジャンは有名な映画監督である。


       ルノワールは1841年2月25日、フランス中南部の
      リモージュにて生まれる。7人兄弟の6番目であったが、上の2人は早世し、他に兄2人、姉1人、弟1人がいた。父は仕立屋、母はお針子であった。3歳の時、一家でパリに移住し、ルーヴル美術館に近い都心に住む。


       幼いころから画才を示していたが、美声でもあったルノワールは1850年頃に9歳前後で作曲家シャルル・グノーが率いるサン・トゥスタッシュ教会の聖歌隊に入り、グノーから声楽を学んだ。ルノワールの歌手としての才能を高く評価したグノーはルノワールの両親にルノワールをオペラ座の合唱団に入れることを提案したが、同時期に父親の知人からルノワールを磁器工場の徒弟として雇いたいという申し出が父親にあったことや、ルノワール自身が磁器工場での仕事を希望したため、両親及びルノワール自身がグノーの提案を断り、聖歌隊も辞めた。


       1854年、13歳で磁器工場に入り、磁器の絵付職人の見習いとなるが、産業革命や機械化の影響は伝統的な磁器絵付けの世界にも影響し、1858年に職人としての仕事を失うこととなったルノワールは画家を目指した。1862年にはエコール・デ・ボザール(官立美術学校)に入学。並行して1861年からはシャルル・グレールアトリエ(画塾)に入り、ここでモネシスレーバジールフランス語版ら、後の印象派の画家たちと知り合っている。画塾で制作中のルノワールに師のグレールが「君は自分の楽しみのために絵を描いているようだね」と言ったところ、ルノワールが「楽しくなかったら絵なんか描きませんよ」と答えたというエピソードは著名である。




       1864年には『踊るエスメラルダ』を
      サロンに出品し、初入選している。この作品はヴィクトール・ユーゴーの『ノートルダム・ド・パリ』に取材したものだが、後に作者自身によって破棄されたとされ、現存しない。 サロンには1865年にも2点が入選するが、1866・1867の両年は落選するなど、入選と落選を繰り返していた。初期のルノワール作品にはルーベンスアングルドラクロワクールベなど、さまざまな画家の影響が指摘されている。この頃の作品としては『ロメーヌ・ラコー嬢の肖像』(1864年)などが現存する。ルノワールの友人であったバジールフランス語版は、当時、生活に困窮していたルノワールを、ヴィスコンティ通りにある自分のアトリエに同居させていた。ルノワールはモネとも親しく、1869年にはパリ郊外のラ・グルヌイエールの水浴場でモネとともにイーゼルを並べて制作した。この時彼ら2人が制作した、ほとんど同構図の作品が残っている 。

       
       1868年のサロンには、その前年に制作した『日傘のリーズ』を出品し、入選している。この作品のモデルは当時ルノワールが交際していたリーズ・トレオという女性で、彼女は他にも『夏、習作』(1869年のサロンに出品)、『アルジェの女』(1870年のサロンに出品)などの作品でモデルを務めている。


       1870年、普仏戦争が勃発するとルノワールも召集され、ボルドーの第10騎兵隊に配属されるが、赤痢にかかり、翌年3月に除隊している。なお、ルノワールの友人で援助者でもあったバジールフランス語版は、普仏戦争に自ら志願し、29歳の若さで戦死した。



       除隊後のルノワールは、パリ郊外・アルジャントゥイユのモネ宅をしばしば訪問し、ともに制作した。この頃に、画家で印象派絵画のコレクターでもある
      ギュスターヴ・カイユボット、画商のデュラン=リュエルなどと知り合っている。1873年12月、モネ、ピサロ、シスレーら、後に「印象派」と呼ばれるグループの画家たちは「芸術家、画家、彫刻家、版画家その他による匿名協会」を結成。ルノワールもそこに名を連ねていた。1874年4月 - 5月にはパリ、キャピュシーヌ大通りの写真家ナダールのアトリエでこのグループの第1回展を開催。これが後に「第1回印象派展」と呼ばれるもので、ルノワールは『桟敷』など7点を出品した。


       1876年の第2回印象派展には『ぶらんこ』、『陽光を浴びる裸婦』など15点を出品した。後者は今日ではルノワールの代表作として知られるものだが、裸婦の身体に当たる木漏れ日や影を青や紫の色点で表現した技法が当時の人々には理解されず、「腐った肉のようだ」と酷評された。1877年の第3回印象派展には、前年に完成した大作『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』を含む22点を出品した。印象派展は1886年までに全部で8回開催されたが、ルノワールは1882年の第7回展に25点を出品したものの、第4、5、6、8回展には参加していない。


       1878年にはサロンに出品を再開。翌1879年のサロンに出した『シャルパンティエ夫人と子どもたち』は絶賛を浴びた。モデルのシャルパンティエ夫人は出版業者ジョルジュ・シャルパンティエの妻で、同夫人が自邸で催すサロンは評判が高く、ルノワールもこのサロンに出入りして、当時の文化人や芸能人の知己を得た。



       1881年には大作『舟遊びの人々の昼食』を完成。この作品の左端に描かれる、帽子をかぶり犬を抱く女性は後にルノワール夫人となるアリーヌ・シャリゴである。アリーヌは『田舎のダンス』(1882 - 1883年)などの作品のモデルとなり、1881年のイタリア旅行にも同行し、1885年には息子ピエールをもうけているが、ルノワールと正式に結婚するのは1890年のことである。


       しかし、ルノワールは、1880年代前半頃から、光の効果におぼれ形態を見失った印象派の技法に疑問を持ち始める。
      1881年のイタリア旅行でラファエッロらの古典に触れてからはこの懐疑はさらに深まった。この時期、特に1883年頃からの作品には新古典派の巨匠アングルの影響が顕著で、明快な形態、硬い輪郭線、冷たい色調が目立つ。




       1890年代に入ると、ルノワール本来の暖かい色調が戻り、豊満なヌードを数多く描いた。 1898年頃からリューマチ性疾患に悩まされ、晩年は車椅子で制作を続けた。「指に筆をくくりつけて描いた」という伝説も残されている。1903年からは南仏のカーニュに移り住み、1907年レ・コレットと呼ばれる広大な地所を購入し、この地で死を迎えた。ルノワールの作品総目録(カタログ・レゾネ)は現在編集中だが、4000点は下らないだろうと言われている。


       ルノワールは日本にも早くから紹介され、その親しみやすい画風のためか愛好者も多い。また、梅原龍三郎をはじめ多くの画家に直接・間接に影響を与えている。



       晩年彼は、しみじみ語ったという。「やっと自分も絵画というものの入口に立てた。」13歳から磁器の絵付職人の見習いとして描き続け、60歳にしての言葉である。絵画の奥の深さと共に、ルノワールの飽くなき徹する姿に喝采を送りたい。



       ランキング 応援お願いします!

            
      人気ブログランキングへ
      にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                              にほんブログ村


      ピエール・オーギュスト・ルノアール

      0



        人の心を豊かにするものに音楽とともに、絵画がある。音楽もそうだが、絵画にもいろいろなジャンルがある。



         

         わたしは小さい頃から絵を描くのが好きだった。絵と言ってもほとんど漫画で広告の裏に怪獣の絵を描いていたことを思い出す。

         

         中学の頃には、美術に没頭していた気がする。でも成績が良かったわけでもなく、だだ授業が好きだった。特に、ピエール・オーギュスト・ルノアールの油絵に魅了されていた。そのやわらかさ、温かさ、明るさには、他の画家の追従を許さない。

          


         ランキング 応援お願いします!

              
        人気ブログランキングへ
        にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                                にほんブログ村

         森光子

        0

           森 光子(もり みつこ、本名:村上 美津(むらかみ みつ)、1920年(大正9年)5月9日 - )は、日本女優歌手である。京都府京都市出身。血液型B型。



           京都府立第一高等女学校(現
          京都府立鴨沂高等学校)中退。日本俳優連合名誉副会長、フジテレビジョン番組審議委員。国民栄誉賞受賞。


           栄典
          勲三等瑞宝章紫綬褒章文化勲章文化功労者東京都名誉都民


           俳優の
          嵐寛寿郎従妹である。長らく嵐寛寿郎の姪で1923年生まれだとしていた。芸名は寛寿郎の母(伯母)から、女優の森静子と伯母の旧姓・森端にちなんで「森」、本名の美津より「光子」となった。


            実家は京都・
          三条木屋町で割烹旅館『国の家』を経営していたが、後に倒産した。戦前より従兄の嵐寛寿郎のプロダクション(第二次寛プロ)に所属したが、嵐本人が日活に移り寛プロが閉鎖すると、新興キネマ(後の大映)に所属し、娘役として多くの映画に出演した。多くは「狸物(阿波狸合戦伝説に材をとった『阿波狸合戦』を初めとする喜劇映画)」などの喜劇や二線級の映画であり、溝口健二の『祇園の姉妹』のような映画を、と夢見ていた森は失望する。映画監督森一生にプロポーズされ、婚約したがその後解消した。悪評が立ち、居づらくなったため映画女優を引退する。


           戦前から戦後間もなくにかけて大阪を拠点に活動した。終戦後は役者活動に留まらず、進駐軍ジャズなどのアメリカン歌謡を歌うなどの活動も行っていた。そこで森を見染めた日系アメリカ人の米兵からプロポーズを受け、婚約するも芸能界に未練があった森は決まっていた渡米を拒否し、日本に留まった。米兵とは結局婚姻関係を結んでからの破局なのか、それとも婚約のままで終えたのかは明らかになっていない。


           その後もミスワカナ・玉松一郎の慰問団に参加するなど芸能活動を行っていたが、1949年の秋に肺結核と診断され、約3年間芸能活動を休止、京都山科において闘病生活を余儀なくされる(これ以前の1944年戦地慰問先の南京において、肺浸潤を患っている)。この頃、「森光子は死んだ」という噂がまことしやかに流れ、復帰作となった『エンタツちょびひげ漫遊記』で共演した赤木春恵らもそう信じていたらしい。当時すでに結核の特効薬であるストレプトマイシンは発見されていたが、非常に高価であり、病気のため無収入の森には治療を受けることは難しいと思われたが、療養先が知人の縁者であったこともあり、担当医師が闇で仕入れたストレプトマイシンを『モルモット』として森に投与したことで一命を取り留める。その後、ラジオドラマの仕事をしながら、知人の裏千家千宗室(14代淡々斎)夫人の秘書として勤務する。


           
          1956年には朝日放送と専属契約を結び、ラジオでは『東西お笑い他流試合』の大阪方の司会を務めて人気を得た。さらにテレビでは、関東地方にもネットされた中田ダイマル・ラケット主演のコメディ『ダイラケのびっくり捕物帖』で、武術に長けた与力の娘役を演じ、関東にもその名を知られることになった。なお、幼少から若手女優の頃は「黒みっちゃん」と呼ばれるほど肌が黒っぽかった肌が年齢を重ねるにつれ白くなっていった(これはマイケル・ジャクソンと同じ尋常性白斑という皮膚病のせいである)。


           1958年菊田一夫に誘われて芸術座の舞台を踏んだのがきっかけで、翌1959年には東京に活動拠点を移す。同年ラジオ東京のプロデューサーで演出家の岡本愛彦と結婚(のちに離婚)。結婚当時、相手が5歳下だったこともあり、森本人は3歳サバを読んで36歳ということにしていた。作家の水上勉とも噂があった。


           1961年、恩師である菊田の脚本による芸術座公演『放浪記』にて主役の林芙美子役を好演。以後、現在まで公演回数2000回以上を数える森の代表作となると共に、それまで脇役であった森が主演女優への階段を上るきっかけとなった。


           『東芝日曜劇場天国の父ちゃんこんにちは』(TBS、1966年 - 1974年)、時間ですよ』(TBS、1970年 - 1973年、以後シリーズ化)、『土曜グランド劇場2丁目3番地』(日本テレビ、1971年)、『銀座わが町』(NHK、1973)、『かくれんぼ』(日本テレビ、1981年)等数多くのテレビドラマにも出演。山岡久乃京塚昌子等とともに日本を代表する「お母さん」女優としてその人気を不動のものとする。1974年 - 1988年までの14年間にわたり、フジテレビの看板ワイドショー番組『3時のあなた』のメイン司会も担当し、これもまた森の代表的な仕事の一つに数えられている。さらには大阪でのコメディ経験を生かし、ザ・ドリフターズとのコント番組にも長年出演する等、芸域の広さを視聴者に知らしめた。


           『花吹雪はしご一家』(TBS、1975年 - 1976年)で母子役として共演した西城秀樹から「東京のお母さん」と呼ばれて親しまれ、西城のコンサートにはよくゲスト出演していた。またジャニーズの大ファンで、特に東山紀之ととても仲が良く、森の右手を握れる男性は東山だけである。「絶叫コースターに挑戦したい」と言い、テレビ番組の企画で実際にコースターに乗ったこともある。当時80歳、同乗相手は長瀬智也


           大橋巨泉司会の人気番組だった『クイズダービー』『世界まるごとHOWマッチ!!』にも、度々ゲスト解答者として出場していた。『クイズダービー』に、森が出場者側(ギャンブラー席)として出演した時(第684回、1989年4月8日放送分)のエピソードである。CM明けの6問目、初代2枠レギュラー解答者だった五月みどりの曲「恋する蝶ちょ」の歌詞問題で、正解が「男にとまれ」(解答者5人は全員不正解)と司会の巨泉が発表した。森は「私は…もしかしたらあの、『ホテルにとまれ』かと思った」とドッキリ発言をしている。この森の発言には解答者全員のみならず、出場者として出演していたタレントらも大爆笑、巨泉からも「それは過激すぎますよ!」と笑われた。


           
          1984年11月、紫綬褒章を授与される。この時、3歳の年齢サバ読みがはからずも発覚するが、当時のマスコミの論調は好意的だった。


           1992年11月、勲三等瑞宝章を授与される。この頃から体力の衰えを実感し、当時野茂英雄が通っていたジムへ行きトレーナーへ指示を仰ぎ肉体改造に着手。毎日欠かさず150回(朝75回、夜75回)のスクワット(実際には、スクワットというよりも軽めの屈伸運動に近いものである)を行いエアロバイクを漕ぐなど筋力強化に励んだ。こうして、80代に入ってもなお、若々しい容貌と機知に富んだコメントで、幅広い世代に親しまれ続けた。


           2005年11月、文化勲章を授与される。女優からの勲章受章者は山田五十鈴以来2人目(杉村春子は辞退)。森はこれ以前の数年は、もしやの親授式に備えて文化の日には予定を入れなかったという。



           2008年、『放浪記』の舞台でそれまで行なっていたでんぐり返しをとりやめ、万歳三唱にした。でんぐり返しの封印と言われている。この年に唯一存命の肉親であり、長年マネージャーを務めた実妹が死去。そのショックは大きく、本人は喪に伏し(発覚したのは翌年の放浪記公演前だった)、気丈に振舞うもあきらかに衰弱した姿が見られるようになり、多数の週刊誌に「森光子の老い」と記事にされるなど、翌2009年の放浪記の公演はおろか森の生命すら危ぶまれる状態にあった。親交が深い和田アキ子は森に「森っち、もうええやん。これまでずっと頑張ったやん」と降板するように進言したという。しかし、森は「お客様が待ってる」「私の生きがいだから」とそれを拒絶した。


           2009年1月、初の著書『女優森光子 大正・昭和・平成 -八十八年激動の軌跡-』を出版。懸念された健康状態も年明け頃から徐々に立ち直り、無事公演は行われ、5月9日の誕生日には『放浪記』上演2000回を迎えた。また、5月11日には河村建夫内閣官房長官より森に国民栄誉賞を授与する方針が表明され、5月29日に正式決定し、7月1日に授与された。これは俳優では初の生前授与である。11月にはマキノノゾミ演出の舞台『晩秋』に出演、振袖姿で歌を披露するシーンもこなした。


           引き続き2010年1〜2月にかけて舞台『新春 人生革命』に出演、滝沢秀明との共演が話題となったが、2月26日には体力を不安視する主治医の勧めもあり、同年5月から6月に東京で行われる予定だった『放浪記』の中止が発表された。





           以後は各種のイベントや芸能関係者の訃報・慶事に対し本人名義のコメントを寄せているが(
          2012年上演の舞台女たちの忠臣蔵ではナレーターとして名を連ねているが、過去上演の際に録音されたもの)、現在のところ、女優としての活動は『人生革命』が最後であり、同年8月放送(収録は7月)のNHKドキュメンタリー「“わらわ隊”の戦争」以降は表舞台に姿を見せていない。


           時間ですよ森光子、『ありがとう』山岡久乃、『肝っ玉かあさん』の京塚昌子、日本を代表するお母さん像であると共に、忘れてはならない日本の家族の光景でもある。

          時間ですよ1973 BOX1 [DVD]

          中古価格
          ¥13,502から
          (2012/5/25 08:12時点)

            

          ランキング 応援お願いします!
          人気ブログランキングへ     にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                                  にほんブログ村

          通販サイト「カラメル」毎日使いたくなる文房具ブログ 
          お立ち寄りください☆

          印象派時代のルノワール

          0

             カンバァスの上で 絵筆が踊っている。1870年代すなわち ”印象派時代”のルノワール作品には そんな躍動感があふれている。モネとともに69年 セーヌ湖畔で”筆触分割”を試みて以来 ルノワールの関心はいかにも印象派の画家らしく 光の描写に向けられた。

             10代後半のルノワールは 磁器の絵付けに携わり 花瓶や皿の装飾を繊細な筆致で描いた。近代化の波がすべての手仕事を葬っていくなかで ルノワールは職人たちが自由に腕を揮うことの出来た良き時代を 終生なつかしんだ。

             彼はいう・・・自分が知識人として生まれていたら 偏見なくありのままに物事を見られるようになるまで何年もかかったろう そして私の手は不器用だったろう」・・・と。

              


            絵画の哲人

            0
               好きな画家を一人上げるとすると、私は迷わず「ピエール・オーギュ 

               スト・ルノアール」と 答える。彼の絵に対する評価は、好き嫌いがは

               っきり分かれる。私は、どこが好きかといえば、”
              やさしさ・あかるさ・

               やわらかさ
              ”の3つを上げる。絵画の評価として正しいかどうかわか

               らないが、芸術の判断基準は「好きか・嫌いか」だと個人的に思

               っている。好きな一枚を選ぶとすると、
              「イレーヌ・カーン・ダンブェー

               ル嬢の肖像」
              になる。晩年はリュウマチに悩まされ、絵筆が持てない

               ので手にしばって書いたという。私には、彼の絵画があまりにも詩的

               に思える。つづきは、またのちのち・・・。

               

              | 1/1PAGES |

              PR

              calendar

              S M T W T F S
                12345
              6789101112
              13141516171819
              20212223242526
              2728293031  
              << August 2017 >>

              ローカルテキスト

               

              見つけよう!Amazon

              ドリームポケット

              ゴールデンアイ

              レインボーマップ

              recent comment

              recent trackback

              profile

              search this site.

              mobile

              qrcode

              powered

              無料ブログ作成サービス JUGEM