スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.04.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

            秘密結社 「ホワイト・キャット」

    0

                        第12話   神尾先生


       どれだけか 車に揺られた 車の後ろに 兄貴とマユミさん

       私は 神尾先生の隣 助手席にいた

       「どうやら 私の実験も 成功のようじゃな」

       独り言のように 先生は つぶやいた

       (実験?) 私には 言ってることが分からなかった



       農道を通り こんもりとした 森が見えてきた

       その中へと 車がすすむと 日差しは 閉ざされ

       何やら 神秘的というか 幻想的な世界に 向かっているようだった



       しばらくして 古びた 平屋の前に出た

       「さあ 中へ 入ろう」

       先生は そう言って 車を降りると すぐに玄関へと 向かった

       私たちと言っていいのか 一匹とふたりも あとについて行った

       マユミさんは 兄貴の腕に しがみついてるようだ



       通された 部屋の中は まさしく 研究室だった

       「さあ さあ 座りなさい」

       マユミさんと兄貴は ふたりでソファに 座った

       私は そのソファの横に 腰を下ろした

       ふたりの向かいに 先生が 座った

       「そうじゃな マユミさんには 順番に 話をせんとなぁ」

       先生は ふたりの様子を まじまじと 眺めながら 言った

       「マユミさん わしは 動物が好きで 特に猫が好きなんじゃ」

       私も 先生の話を菊のは 初めてだった

       「わしは 動物の生態を 調べる 研究所に勤めておった」

       マユミさんも 兄貴も 黙って聞いていた

       「遺伝子工学の権威とも言われたが、DNAの研究やら クローンの実験やら いろいろやった」

       「でも それらの研究は 人間の欲望を 満たすためのものなんじゃ」

       「そこには 動物に対する 愛情も 人間に対する 愛情もない」

       「あるのは 地位や 名誉に対する 欲望だけじゃ」

       「だんだん いやになって 逃げだしたくなった」

       先生の目は 遠くを 見つめてるようだった



       「ある日 所長が クローン人間を つくると言った」

       「わしは 初め反対した」

       先生は 大きく 息をつくと 煙草に火をつけた

       その間 マユミさんは 兄貴の顔を 見つめていた

       一息 煙草を吸いながら 続きが 始まった



       「クローン人間には 問題があった ・・・ 」

       「愛情の欠如じゃ ・・・ 」

       先生も 話しにくそうだった

       「クローンは 母親の体内での 愛情を知らない」

       「動物として 生まれて 初めて 受ける 愛情じゃ」

       「クローンは 後から 植えつけられた ニセの愛情だけじゃ」

       先生は また 煙草をふかした



       「しかし 哺乳類であれば 犬であれ 猫であれ 母親の愛を受けて生まれる」

       「わしは そこに気づくと ひとり 大学の研究から 身を引いたのじゃ」

       「そして この研究所にこもり 動物の進化について 研究を重ねたのじゃ」

       先生は 煙草を 灰皿に 押しつぶした

       「そこで生まれたのが アイじゃ」

       「アイは 猫から 進化した 人間なんじゃ」

       ここまで話し切ると 先生は 背もたれに 体を預け しばらく天を仰いだ



       マユミさんは ただただ驚いてる 様子に見えた

       「それで 先生 これから どうすればいいのでしょう?」

       兄貴が 口を切った

       「そうじゃな ・・・ 君は 完成した ・・・ もう 猫に戻る事はない」

       感慨深げに 聞こえた

       「最後に 君に 必要だったのは 人間としての愛じゃ」

       「それを マユミさんが くれた」

       マユミさんは 兄貴の手を握っていた

       その手を 兄貴は もう一度 強く握り返していた



       
      ※ あけまして おめでとうございます!

                本年も よろしくお願いします☆ 
                     


        ランキング 応援お願いします!
            
      人気ブログランキングへ
      にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                              にほんブログ村


      スポンサーサイト

      0
        • 2016.04.04 Monday
        • -
        • 23:46
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        明けましておめでとうございます☆≡
        神尾先生^^研究の先生で^^クローンについてですか…
        エヴァンゲリオンを想い出しました
        菊も漢字でもじる感じですね
        アイ君は^^マユミさんより身長高いのですね
        ありがとうございます
        昨年は^^沢山のお米をありがとうございます
        みのちゃん☆
        今年も頑張って下さいね
        さんさん笑顔ビーム☆≡
        Thank youさんさん
        おはようございます、 minorpoetさん

        あけまして、おめでとうございます

        最後に 君に 必要だったのは 人間としての愛じゃ

        このメッセージに、ホッとし、感動いたしました


        ありがとうございます
        Minorpoetさん、
        あけましておめでとうございます。
        今年もよろしくお願いします!

        そういうことだったのですか!
        「マユミさんは 兄貴の手を握っていた
        その手を 兄貴は もう一度 強く握り返していた」
        この様子を思い浮かべますと・・・・
        感動してしまいました。

        やはり「愛」が必要なのですね!!
        マユミさんの愛が伝わり良かったです♪
        私も猫たちにいっぱい愛を
        与えていきます!!

        ありがとうございます☆

        あけましておめでとうございます。
        本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
        • 小番頭
        • 2012/01/01 11:18 AM
        夢三郎さん コメントありがとうございます♪

        明けましておめでとうございます!

        エヴァンゲリオンですか〜飛びますねぇ♪
        もう少し秘密が明かされます☆

        今年もヨロシクビーム!
        次回も乞うご期待ください☆

        PONSUNさん コメントありがとうございます♪

        明けましておめでとうございます!

        「人間の愛」と「猫の愛」明かされる真実・・・?

        次回もく乞うご期待くださいI本年もよろしくお願いします☆
        マーブルさん コメントありがとうございます♪

        明けましておめでとうございます!

        そうなんですねぇ〜もう少しあるんです・・・。

        次回も乞うご期待☆本年もよろしくお願いします!


        小番頭さん コメントありがとうございます♪

        明けましておめでとうございます!

        次回も乞うご期待☆本年もよろしくお願いします!


        あけましておめでとうございます〜
        今年もよろしくお願いします~♪
        タミリンさん コメントありがとうございます♪

        明けましておめでとうございます!

        こちらこそよろしくお願いします☆
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>

        ローカルテキスト

         

        見つけよう!Amazon

        ドリームポケット

        ゴールデンアイ

        レインボーマップ

        recent comment

        recent trackback

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM