スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.04.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    18歳の詩

    0

                        絵画

       たいへん無口な彼女から ひとつの話を 聞かされた時の喜びは

       とうてい 計り知れないだろう

       
       
      私が黙っていると 彼女はたいへん 無口である

       それでも その手を とって

       次の言葉を 導くと 思わぬ 話をしてくれる


       
      私の手が 導く間は 彼女の話が つづいていく

       あまりの素晴らしさによって その手を 止めると

       彼女は 無口な自分に 戻ってしまう あわてて その手を 導くと

       話の続きを 聞かせてくれる


       
      時々 次の言葉を 忘れてしまう事がある 二人の間を        

       沈黙が 流れる

       やっとのことで 探し当てた言葉で その手を 導いた時には

       それまで以上の 話を 彼女は聞かせてくれる 


       
      こうして 彼女との対話が終わったとき あまりの満足感で

       声が出ない 今度は 私が 無口になる番だ 

       すると 彼女が 「あなたの 話を 聞かせて」 と

       やさしく ほほえむ



      スポンサーサイト

      0
        • 2016.04.04 Monday
        • -
        • 12:00
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        ローカルテキスト

         

        見つけよう!Amazon

        ドリームポケット

        ゴールデンアイ

        レインボーマップ

        selected entries

        recent comment

        recent trackback

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM