スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.04.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

     レディー・ガガ

    0

       レディー・ガガ(Lady Gaga)ことステファニー・ジョアン・アンジェリーナ・ジャーマノッタ(Stefani Joanne Angelina Germanotta )(1986年3月28日 )は、アメリカ合衆国音楽家。身長155cm。19歳の時にデフ・ジャムと契約し、ニューヨーク市の近郊のクラブでダンサーをしながら生計を立てた。また同時期インタースコープ・レコードとソングライターとして契約をし、同レーベルのアーティストを中心に複数のミュージシャンに楽曲提供を行った。その後楽曲提供を行う中でエイコンにガガの歌手としての才能を認められ、エイコン自身のレーベルコンライブとレコード契約し、歌手としてのキャリアをスタートさせた。



       
      イタリア系アメリカ人でインターネット企業の実業家の家庭のもと、ニューヨーク州ヨンカーズに生まれる。家は裕福で箱入り娘として育てられる。


       4歳で楽譜なしでピアノが演奏できるようになる。父親が初めて聴かせてくれたレコードはスティーヴィー・ワンダーであり、その後ブルース・スプリングスティーンの曲などをピアノで練習するようになる。多くの有名アーティストを手掛けた先生からレッスンを受けるようになり、13歳になるころには初のピアノ・バラードを自分自身で作曲。11歳当時にジュリアード学院の音楽部門に合格するも、当時は音楽にさほど興味が無く入学を辞退し、マンハッタンのカトリック系の私立学校、Convent of the Sacred Heart(聖心女子学院)に通う。同学校はヒルトン姉妹パリスニッキー)も在籍していたお嬢様学校だが、パリスとは6歳年が離れており学年が異なる為、学校の廊下で見かけたことしかないという。伝統的な富豪家庭のお嬢様が多く通う中、ガガは1代の成り上がりの家だった為周囲に馴染めなかった。さらにガガは変わった性格で、話し方も大胆で芝居じみていた為学校でいじめに合い、ロッカーには悪口が書かれ、廊下では常に「売女」と言われたという。街で男子に同級生の目の前でゴミ箱に捨てられたこともあり、「アンタ泣くわけ?哀れよね」と笑われ、ガガも自分自身を笑うしかなかったという。14歳からニューヨークのクラブでパフォーマンスを開始し、17歳で、これまで世界で20人しか早期入学が許されていないニューヨークにあるティッシュ・スクール・オブ・アート(ニューヨーク大学の芸術学部)に入学する。そこで彼女は音楽を本格的に学び、エッセイや論文を書くことによって作詞作曲技術を改善した。この頃から地味だったクラブのパフォーマンスも個性を追求するたびに派手になっていき、大学でも奇抜なスタイルにより周囲から煙たがられる存在となる。周囲から「あなたってレズビアンなの?」「そんな恰好をしたって、誰もあなたなんて見てないのよ」と言われ続けたと後にインタヴューで語っている。結局ガガは大学1年生のときにニューヨーク大学を退学し、ドラッグ中毒に陥ってしまう。しかしブリトニー・スピアーズビヨンセに触発され、スターになるという夢を再確認したガガは自らの意思でドラッグをやめ、芸術活動に専念するようになる。


       ガガは19歳の時、
      デフ・ジャム・レコーディングスとの間で契約を結んだ。同じころ、親元を離れストリップクラブで働き出す。このことは特に隠さず、「ストリップクラブで働いていた。私のような裕福なイタリア系の家庭の出では珍しいことだ」と述べ、ストリッパーとして生計を立てていたことを明かしている。ストリッパーとして人気があったようで、ステージでヘアスプレイに火を付けて、狂ったように踊ったという。家族の助けなしに生活することで自由を実感したと語るが、家族は認めてくれなかった。その他、ドラァグ・クイーンゴーゴーダンサーとパフォーマンスを行うためにクラブに出入りしており、このことを知った父は大変なショックを受け、ガガ本人も「あのとき、2、3カ月の間父は私を直視することが出来なかった」と認めている。ガガの初期に制作された楽曲に携わった音楽プロデューサーのロブ・フサーリはガガの声のスタイルをフレディー・マーキュリーのそれと比較し、クイーンの楽曲「Radio Ga Ga」をもじり、現在の芸名"Lady Gaga"を彼女に与えた。また、ガガがスタジオに来るとき挨拶代わりにフサーリは『Radio Ga Ga』を歌った、それはガガの入場曲のようなものであったという。ある時、フサーリがガガに送ったメールの中で書いた「Radio Ga Ga」という文が、修正機能で「Radio」が「Lady」になり、「Lady Ga Ga」になってしまった。しかし、それを大変気に入ったガガが「二度と私をステファニーと呼ばないで!」と言ったため、以後「レディー・ガガ」と呼ばれるようになった。


       
      2007年にインタースコープ・レコードとソングライター契約し、同レーベルに所属するファーギーブリトニー・スピアーズプッシーキャット・ドールズニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックエイコンといった有名アーティストに楽曲を提供した。制作者として活動を続けていたときにエイコンがガガには制作者としてだけではなく、歌手としての才能もあると認め自身のレーベルコンライブとアーティスト契約を締結。エイコンはガガについて、「類稀な存在」「ダイアモンドの原石」と表現している。ガガはデビュー・アルバムの制作を音楽プロデューサーレッドワンと共に行った。1年ほどスタジオに籠って作詞作曲に専念し、アルバム150枚分ほどの楽曲を制作したという。


       2008年にデビュー・アルバム『
      ザ・フェイム』をリリース。彼女自身が全ての歌詞を手がけ、メロディー作曲も自分でこなし、シンセサイザーの部分も自らが演奏している。『ザ・フェイム』は、オーストリア、イギリス、カナダ、アイルランドチャートにて1位を獲得。アメリカ合衆国とオーストラリアでは最高位4位を、日本では最高位6位を記録している。全世界での売上枚数は1200万枚を突破している。アルバムからのリードシングル「ジャスト・ダンス」は2008年4月8日にリリースされ、世界各国で首位を獲得。「ジャスト・ダンス」は、イギリスなど世界5カ国のシングルチャートで1位を獲得し、リリースから半年以上経った2009年1月にアメリカでも1位に到達した。


       2009年2月に行われた
      第51回グラミー賞では「ジャスト・ダンス」で最優秀ダンス・レコーディング賞にノミネートされるも、ダフト・パンクの「仕事は終わらない」が受賞し、ガガは受賞を逃している。「ジャスト・ダンス」は全世界で700万枚以上売り上げるヒットとなった。続いて2008年にリリースされた「ポーカー・フェイス」は2009年4月11日付けのアメリカ合衆国のシングルチャートBillboard Hot 100で1位となった。これによりガガは2000年以降、デビュー・アルバムから2枚のシングルを全米チャート1位に送り込んだ初の新人アーティストとなった。1st、2ndシングル2枚で全米1位を達成した女性新人アーティストは3人で、ガガはティファニーマライア・キャリークリスティーナ・アギレラに次ぐ4人目となった。この楽曲はイギリス、カナダ、オーストラリアを始めとした世界17の国と地域のシングルチャートで1位を獲得している。また、「ポーカー・フェイス」はヨーロッパ全土を対象にしたシングル・チャートEurochart Hot 100 Singlesでも16週にわたって1位を記録。さらにイギリスのThe Official Chart Companyが発表した"イギリスで最もダウンロードされた曲"では77万ユニットのダウンロード数により1位を獲得している。「ポーカー・フェイス」は全世界で1000万枚以上売り上げ、2000年代を代表する楽曲となった。


       2009年5月、有力な音楽雑誌『
      ローリング・ストーン』の毎年恒例となっているHOTリスト号の同誌6月号の表紙をセミヌード姿で飾った。この時ガガは同誌のインタビューの中でバイ・セクシャルであることを告白した。ガガは6月にリリースされたラッパーワーレイのシングル「チリン」にも客演で参加している。7月にはイギリスで「パパラッチ」をシングル・リリースしている。MTV Video Music Awards 2009でガガは、この楽曲を含む同年のアワード最多となる合計9部門でノミネートを受け、9月に行われた授賞式では『パパラッチ』のライブ・パフォーマンスを披露した他、「ポーカー・フェイス」での最優秀新人アーティスト賞を含む合計3部門で受賞。加えて、米ビルボード誌主催のWomen In Musicアワードでは新人賞にあたるRising Star賞を受賞している。


       11月に2枚目のアルバム『
      ザ・モンスター』を発表。全世界で600万枚以上売り上げ、2010年世界で最も売れたアルバムとなった。しかしガガは再発盤のリリースはファンにとってフェアではないという理由から否定的な立場で、そのため『ザ・モンスター』には新曲をたくさん収録する予定であると話している。この再発盤からの1stシングル「バッド・ロマンス」は『サタデー・ナイト・ライヴ』にて初披露されている。同番組ではマドンナとパフォーマンスを披露している。同年10月10日にHuman Rights Campaignのデモ行進に出席。行進前に「音楽業界には未だ多くの同性愛嫌悪が存在する」とスピーチ。「今夜は自分の曲は演奏しないの。私のための夜ではない」と述べ、グランドピアノに座る前に「あなたたちのための夜だから」と言って、ジョン・レノンの「イマジン」を一部歌詞とメロディーを変えて披露した。また、1998年に殺害された同性愛者の大学生マシュー・シェパードへのメッセージを込めた。「バッド・ロマンス」はアメリカ、オーストラリア、アイルランドなでトップ10入り、イギリス、カナダ、スウェーデンなどのチャートで1位を獲得し、全世界で980万枚以上売り上げた。『ザ・モンスター』の収録曲「スピーチレス」は2009年12月11日に行われたロイヤル・ヴァラエティ・パフォーマンスで披露した。そこでは、エリザベス女王と対面した。2009年の暮れにThe Monster Ball Tourをスタートさせた。


       2010年1月14日、Monster Ballツアーのウェストラファイエット公演を体調不良のために中止した。彼女は本番前に呼吸がしにくいことを訴えた。救護隊員はガガは脱水症状と疲労による不整脈で苦しんでいたと発表した。同年1月31日に行われた
      第52回グラミー賞にて初のグラミー賞を受賞した。「ポーカー・フェイス」で年間楽曲賞、年間レコード賞、最優秀ダンスレコーディング楽曲賞にノミネートされ、最優秀ダンスレコーディング楽曲賞を受賞した。アルバム『ザ・フェイム』は最優秀エレクトロニック/ダンスアルバム賞を受賞した。2010年3月15日、『ザ・モンスター』からのシングル「テレフォン」がイギリスなどで1位、アメリカで3位、アメリカのポップソングチャートにおいて1位を獲得した。これによりガガと同曲でフィーチャーされたビヨンセは6曲の全米1位シングルを持つことになり、過去最多の全米1位獲得シングル保持者であったマライア・キャリーと並んだ。「テレフォン」は全世界で700万枚以上売り上げた。


       2010年3月19日、『ザ・フェイム』のプロデューサーでガガの名付け親でもあるロブ・フサーリがアルバム制作に関する報酬を受け取っていないとして、利益の20%を支払うようにガガを訴えた。同年8月にニューヨーク最高裁判所は訴訟を棄却、その後、両者は和解した[。同年4月16日、YouTubeにおけるガガのミュージックビデオの累計再生回数が10億回を突破し、同サイトの新記録を樹立した。同年4月、『ザ・モンスター』からの3rdシングル「アレハンドロ」を発表し、ロザリオを口に入れるシーンが宗教冒涜として問題となった。同月、アメリカの雑誌『タイム』が世界で最も影響力のある有名人100人を選出する「タイム100」のアーティスト部門で1位になった。MTV Video Music Awards 2010では9部門にノミネートされ8部門を制する大勝利を収めた。



       2011年
      2月11日、ガガが絶賛するシングル「ボーン・ディス・ウェイ」が解禁され、世界23ヵ国のiTunes音楽チャートでダウンロード数1位を記録した。特にアメリカでは配信後3時間で1位を獲得した。また、UKアルバム・チャートでは21万5,000枚を売り上げトップを飾った。2011年最速セールス記録となっている(2011年5月現在)。批評家やファンからはマドンナエクスプレス・ユアセルフ」と酷似しているとの声も挙がったが、ガガは「この曲はマドンナのサポートを受けている。女王様がいいと言えばそれでいい」と述べた。第53回グラミー賞授賞式ではガガは卵型カプセルに乗ってこの曲を歌い上げた。また、グラミー賞授賞式前には大麻吸引を自ら暴露し「ファンに嘘はつきたくないし、最近は大量には吸引していない」と語った。5月23日には3rdアルバム『ボーン・ディス・ウェイ』が世界同時発売され、それに先駆けてアルバムからの2ndシングル「ジューダス」が4月16日に、3rdシングル「ジ・エッジ・オブ・グローリー」が5月17日に発売された。『ボーン・ディス・ウェイ』は全世界で800万枚以上売り上げ、2011年世界で2番目に売れたアルバムとなった。


        ガガはプロモーションとして世界中を飛び回り、6月20日には日本に4回目の来日を果たした。
      auのCMでガガの曲が使用されたことや、東日本大震災においてチャリティーリストバンドを即座に販売して収益を寄付したことで知名度が急上昇し、ガガの来日は大きく報道された。震災復興イベント「MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN」では蜘蛛の巣パフォーマンスでスタジアムを沸かせた。8月23日にはガガが最も尊敬する世界的ロックバンドのクイーンのギタリストであるブライアン・メイとのコラボ作「ユー・アンド・アイ」が4thシングルとしてリリースされ、多くの国でTOP10入りを果たした。MTV Video Music Awards 2011では2冠獲得し、ステージ上でブライアン・メイと「ユー・アンド・アイ」を披露した。この頃、デビュー時からガガと共に仕事をこなしてきた振付師のローリーアン・ギブソンと決別した。ギブソンは振り付け以外にもビデオの監督や楽曲のプロデュースを手掛けていたが、互いの方向性の違いにより距離を置くという選択を下した。11月にはアルバムからのラストシングルとなる「マリー・ザ・ナイト」をリリースし、ガガ自らビデオの監督を務めた。ビデオではガガの半生を描いており、話題となった。


       最近、巷ではガガは「マドンナ」を抜くことができるかと言う様な報道を見たり、耳にすることがある。全く、ナンセンスとしかいいようがない。こうした世界に名をはせた一流のアーティストをある一定の基準で比べる事などできない。「マドンナ」は「マドンナ」であり、「ガガ」は「ガガ」である。こうした有り触れた評価しかできない評論家に「芸術」を語る資格はない。 

      ザ・モンスター・ボール・ツアー・アット・マディソン・スクエア・ガーデン [DVD]

      新品価格
      ¥3,615から
      (2012/5/25 11:11時点)





       ランキング 応援お願いします!

            
      人気ブログランキングへ
      にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                              にほんブログ村

      通販サイト「カラメル」毎日使いたくなる文房具ブログ 
      お立ち寄りください☆

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.04.04 Monday
        • -
        • 05:09
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        レディー・ガガさんは昨年知った人物です。
        素顔はイタリア系のお顔をしていますね。
        才能は他者と比べる物ではなく、尺度などありません。
        内に秘めた何かを持っているように思います。
        これからも、驚かしてくれるのでしょうね。
        前から有名でしたけど、
        震災時にどっと話題になりましたよね。。。
        若いのに立派な女性だと思いました。
        「「マドンナ」は「マドンナ」であり、「ガガ」は「ガガ」である。」

        私もそう思います。
        人はそれぞれに違った魅力を持っているので、それを比較しようだなんて、有名人に限らず普通の人間も動物も「生」のあるものはみな素敵ですよね。

        一生懸命に生きている姿は、どれも感動的です。

        マドンナもガガもどちらも魅力的で素敵で大好きですね。

        minorpoetさんのレポートも素敵です!

        太郎ママさん コメントありがとうございます♪

        「素顔はイタリア系のお顔」素晴らしい洞察力ですね!
        そうですよね♪まだまだ可能性を秘めた方ですね☆

        タミリンさん コメントありがとうございます♪

        大学時代に1度、挫折を味わっているので「精神的に」強いんでしょうね!
        今後の活躍が楽しみですね♪
        夏雪草さん コメントありがとうございます♪

        共感の言葉をいただき嬉しく思います!
        一生懸命かんばって生きてる人は「輝いて」いますね☆
        Minorpoetさん、こんばんは♪
        レディー・ガガさんをはじめて見た印象は
        派手で、大胆な衣装だなぁ〜って思いましたが、
        曲も良いし、好きになりました♪
        記事を拝見しまして、
        「周囲に馴染めなく、さらにガガは変わった性格で・・・」
        私、変わった性格の個性あふれる人が好きです♪
        私も、変わってるとか言われるので(笑)
        また、ガガさんが好きになりました♪
        震災時に、収益をご寄付され最高に素敵です☆

        ありがとうございます!!

        レディー・ガガさん

        あの風貌に優るとも劣らぬ、凄い経歴をお持ちなのですね

        その経歴から、あの懐の深さ、器の大きさが
        醸成されてきたのでしょう

        ますますファンになってしまいそうです


        ありがとうございます
        ガガさん(*^o^*)ゞ 存じ上げておりませんでしたが大変な過去が在る方なのですね!(笑)みのぺChanは本当に色んな方々を記事に載せるし? 細かく書かれておりますね(^^)
        これからも頑張っちゃってくださいませ☆応援団長しておりますので(爆笑)☆
        美しい顔立ちの方々の一人だとおもいましたぁ(^^)
        ありがとうございます!サンキューサンサン笑顔ビーム!
        夢ちゃん コメントありがとうございます♪

        ガガさんの事は 自分も調べて知ったことがたくさんありました!
        魅力満載のこれからの方ですね♪
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        ローカルテキスト

         

        見つけよう!Amazon

        ドリームポケット

        ゴールデンアイ

        レインボーマップ

        selected entries

        recent comment

        recent trackback

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM