スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.04.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    つれづれ随想 〜 詩小説 3 〜

    0

       広大な宇宙に ちりばめられた 無数の星々

       生命の輪廻を 考える時

       これらの星々にも 「縁」があり 「つながり」が あるのでしょう



       詩小説「星のオリビエ」の構想は 数十年前から出来ていました

       その切っ掛けは 「星座の話」(著・野尻抱影)という 一冊の本でした

       みなさんもよく御存じの 「織姫と彦星の物語」です



       星座にまつわる物語は 枚挙につきません

       その中でも 日本人に一番馴染みの 「七夕まつり」

       そこには 「巡りあい」「別れ」「年に一度の出会い」という ロマンがありました



       そして もうひとつは 「赤い糸伝説」です

       人は 男女の「巡りあい」を 赤い糸で結ばれている としました

       「この糸は 切れる事は 無いのだろうか?」

       「切れたら どうするんだろう?」



       そんな疑問が ふつふつと 湧いて来て

       年に一度しか 逢うことの出来ない 「織姫と彦星」

       「ふたりは 「赤い糸」で 結ばれていたのだろうか?」

       さらに 疑問が 生まれました



       こうした疑問の糸口となったのが 「織姫」です

       機織りの娘であれば 糸をつむぐことができる

       「赤い糸」も きっと 誰かが結び ほころびや

       切れた時には 結び直しているに違いない という発想になったのです



       「彦星」の設定を 星の王子に替え

       その母を「織姫」とし 代々受け継がれてきた

       「赤い糸」の つむぎ手として 「オリビエ」が誕生しました



       「織姫」と「彦星」が なぜ 年に一度しか会えないのか

       ひとつは そこに「テーマ」を置き 星の「王の掟」

       「赤い糸の秘密」を からませ 「人と人との つながり」

       そして 現代の恋人たちの 「出会いと別れ」にまで 発展させました



       現実的に 「恋人との出会いと別れ」に 悩む人たちの

       少しでも 「希望や勇気」に 変わればという 想いも生まれました



       「オリビエ」という 「赤い糸」のつむぎ手が ロマンあふれる

       大宇宙の存在として みなさんの「心の支え」となれば 幸いです 

        
       



       ランキング 応援お願いします!

            
      人気ブログランキングへ
      にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                              にほんブログ村

      通販サイト「カラメル」毎日使いたくなる文房具ブログ 
      お立ち寄りください☆

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.04.04 Monday
        • -
        • 23:33
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        こんばんは。『心星』北極星のことをしんぼしというそうですね。星座の伝説ってヨーロッパのイメージがありますが、東洋人ならではの感性もまた素晴らしい!!オリビエくんの物語はそんな西洋と東洋の感性が融合した作品だと思います。恋したくなる作品(笑)

        生命の輪廻を 考える時
        これらの星々にも 「縁」があり 「つながり」が 
        あるのでしょう


        私もそれを感じております
        それらの星々に居たことがあるのかもしれません
        居なかったとしても、何らかのエネルギー交換を
        行っているようにも思えます

        これからいろいろと明らかになってゆくことでしょう


        ありがとうございます
        不思議な空間に私たちは生かされているのですね。
        どのような仕組みを描いて、この世が存在するのか?
        面白い疑問ですが、絶対に解明できない領域のように思えます。

        おはようございます オリビエ君の話しはよかったですね
        星でも(^^)男の子の漫画で想い出すのは昔から人気在る 北斗の拳・・・あれは怖い話しも在るけど?内容が深い 感じがしております
        みのぺChanも男の子だから(笑)好きなのかとおもいました! 漫画って日本は凄いっていわれていたのは昔何処かで(笑)テレビだとおもいますが(^^)七夕にしろ赤い糸を上手く繋げた話しだと想いで読ませて頂き感謝いたしております サンサンサンキューサンサン笑顔ビーム!\(*^ー^*)/
        Minorpoetさん、おはようございます♪
        織姫様と、彦星様のお話、謎に包まれた感じで
        それに触れようとした事もなかった私でしたが、
        「オリビエ君」のお話で興味を持つ事ができました。
        Minorpoetさんの、このお話や、それ以外にも、
        希望や勇気頂いております♪

        ありがとうございます☆
        オスカーさん コメントありがとうございます♪

        「西洋と東洋の感性が融合した作品」との深い洞察を大変
        嬉しく思います!さらに「恋したくなる作品(笑)」との言葉
        感慨無量でございます☆
        PONSUNさん コメントありがとうございます♪

        「私もそれを感じております」との共感の言葉とても嬉しく思います!

        「何らかのエネルギー交換」意味の深い言葉ですね♪
        真実が明らかになるといいですね☆


         
        太郎ママさん コメントありがとうございます♪

        そうですね!すべてが解明されることはないでしょうね♪
        ある意味「神秘性」が大切な事柄もあるように思います☆ 
        夢ちゃん コメントありがとうございます♪

        「北斗の拳」全巻読みましたね!「北斗」と「南斗」星の定めを
        感じますよね♪北斗3兄弟では「トキ」が好きでした☆

        「ユリア」と「ケンシロウ」も赤い糸で結ばれてたとか(笑)


        マーブルさん コメントありがとうございます♪

        「希望や勇気頂いております♪」有り難い言葉です!嬉しいです♪
        自分も皆さんのコメントに支えられています☆


        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        ローカルテキスト

         

        見つけよう!Amazon

        ドリームポケット

        ゴールデンアイ

        レインボーマップ

        recent comment

        recent trackback

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM