スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.04.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ブルック・シールズ

    0

       ブルック・シールズ(Brooke Shields, 1965年5月31日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク市出身のモデル女優。本名はクリスタ・ブルック・カミール・シールズ(Christa Brooke Camille Shields)。身長183cm。



       
      レブロンの重役で、ローマの銀行家・貴族のトルトニア家出身の父親(イタリアの公爵・メディチ家の血を引く)と、元女優の母親の父の下に生まれ、母親のマネジメントで、わずか生後11ヶ月歳の時にアイヴォリー石鹸のモデルに起用される。その後両親は離婚し、アメリカで一番の高額ギャラを得る人気子供モデルとなる。


       1977年ホラー映画『Alice, Sweet Alice』で主人公の妹役で映画デビュー。1978年ルイ・マル監督の『プリティ・ベビー』で12歳の娼婦を演じセンセーショナルな話題を呼んだ。




       1980年の『青い珊瑚礁』や1981年の『エンドレス・ラブ』などにより、世界的に人気を集め美人の代名詞とされるようになる。また20歳の時にはエッセー『私のライフ・スタイル』を出版。プリンストン大学在学中は学業に専念し、首席で卒業した。また学生時代、俳優ディーン・ケインと交際していた。



       1997年4月19日、男子プロテニス選手のアンドレ・アガシと4年間の交際の後に結婚。この頃シールズはテレビ・シリーズの『ハロー・スーザン』(原題“Suddenly Susan”)に出演中で、成人後低迷していた女優業は再び充実してきていた。ところが夫のアガシのテニスは不調に陥る。結局、2人は2年後の1999年4月に離婚した。


       アガシとの離婚後、2001年4月にテレビ・プロデューサーのクリス・ヘンチー(Chris Henchy)と再婚。最近はバーンスタインミュージカル『ワンダフル・タウン』(Wonderful Town)の主演などがあり、好評を博した。




       2003年に長女(ローワン)を出産した後うつ症状になり、抗うつ薬パキシルを使用したことを公表したが、2005年5月にサイエントロジー信者であるトム・クルーズがこれを名指しで批判した。クルーズの発言は彼女にとって、いわれのない中傷であり、そして彼の評判を下げる結果ともなったが、後日クルーズ自身から謝罪を受け、2人の仲は回復している。(奇しくも、シールズの二女(グリア)とクルーズの二女(実子)は同日に同じ病院で誕生した。)


       成人してからは映画女優としての活動は成功を収めているとは決して言えないが、舞台やテレビドラマで着実に実力を付けてきた。



       マイケル・ジャクソンとは子供のころからの付き合いで、彼の追悼会で涙を浮かべスピーチする姿が全世界に伝えられた。


       親日家であり日本では多数のテレビCMなどで親しまれてきた。フジテレビ新春スターかくし芸大会』で和太鼓演奏を披露したり、彼女のファンだと公言されていた皇太子徳仁親王とも交流がある。


       彼女の父方の祖父であるフランク・シールズ1909年 - 1975年)は、テニス選手として1930年代前半に活躍し、国際テニス殿堂入りしたほどの名選手であり 、その後1930年代後半に3年間ハリウッド俳優としても活動した人物である。フランク・シールズの2番目の妻(ブルックの祖母)の兄にあたる第5代チヴィテッラ=チェシ公アレッサンドロ・トルロニアの妻のベアトリス・デ・ボルボン・イ・バッテンベルグは、現在のスペイン国王ファン・カルロス1世のいとこであるので、血縁関係こそは無いが彼女はスペイン王家とイギリス王家の遠縁にあたる。また父方の曽祖父の第4代チヴィテッラ=チェシ公マリノ・トルロニアはアメリカ東部の上流階級の女性と結婚したが、その女性の兄弟の孫が女優のグレン・クローズである。元々このトルロニア家は18世紀にフランスにのオーベルニュ地方で枢機卿をしていた人物の給仕係としてローマに連れて来られたフランス人の貧しい元農民を始祖とするが、その人物の息子や孫がローマで実業家・銀行家に転身し大成功したことで、18~19世紀にかけてローマとヴァチカンを支配することになった成り上がり者の一族である。しかし婚姻を通じて中世からローマを支配した名門貴族のオルシーニ家ボルゲーゼ家と親戚になったことで、彼らを通してメディチ家エステ家旧イタリア王家のサヴォイア家とも遠戚になった。また父親の再婚相手の前夫はアメリカの名家オーチンクロス家出身なので、この家を通して作家のゴア・ヴィダルジャックリーン・ケネディとも系譜は彼女は繋がっている。



       10代でセンセーショナルなデビューを果たした彼女も決して、順風満帆な人生ではなかった。しかし、彼女には生来持った魅力があった。それは家系も含め彼女の財産であろう。今後の人生に期待する。

       
        ランキング 応援お願いします!
            
      人気ブログランキングへ
      にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                              にほんブログ村


      スポンサーサイト

      0
        • 2016.04.04 Monday
        • -
        • 05:46
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント

        ブルック・シールズさん

        美しい方ですよね
        遍歴を拝見すると、新鮮な驚きが湧いてきます


        ありがとうございます
        • ponsun
        • 2012/11/27 5:14 AM
        ブルック・シールズさん、個性の強くて魅力的ですね。
        少女の頃はなお魅力的です。
        様々な出来事にあいながら、逞しく前進する。・・・そう有りたいですね。
        • 太郎ママ
        • 2012/11/27 7:24 AM
        PONSUNさん コメントありがとうございます♪

        デビュー当時は、ショッキングなイメージでしたが、
        今は魅力ある女性として新たな活躍を期待します☆
        太郎ママさん コメントありがとうございます♪

        そうですよね〜 苦難を乗り越えてこそ
        人としての魅力は輝きますよね〜
        こんばんわ

        すごい遍歴ですね・・・
        見ているだけで人生が想像できちゃいます笑

        波瀾万丈 でも良しといった感じですね
        マクシフさん コメントありがとうございます♪

        そうですよね〜 「人生波乱万丈の方がいい」と言われた
        偉人の方の言葉を思い出しました☆
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>

        ローカルテキスト

         

        見つけよう!Amazon

        ドリームポケット

        ゴールデンアイ

        レインボーマップ

        selected entries

        recent comment

        recent trackback

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM