スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.04.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    徹人28人 ◆ 繊.襦璽肇凜ヒ・ヴァン・ベートーヴェン

    0

       ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(: Ludwig van Beethoven、ドイツ語ではルートヴィヒ・ファン・ベートホーフェンに近い 発音例1770年12月16日ごろ - 1827年3月26日)は、ドイツ作曲家音楽史上極めて偉大な作曲家の一人とされ、「楽聖」とも呼ばれる。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。



       
      1770年12月16日神聖ローマ帝国ケルン大司教領(現ドイツ領)のボンで父ヨハン、母マリア・マグダレーナの長男として生まれる。ベートーヴェン一家はボンのケルン選帝侯宮廷の歌手(後に楽長)であり、幼少のベートーヴェンも慕っていた祖父ルートヴィヒの支援により生計を立てていた。ベートーヴェンの父も宮廷歌手テノール)であったが無類の酒好きであったため収入は少なく、1773年に祖父が亡くなると生活は困窮した。1774年頃よりベートーヴェンは父からその才能を当てにされ、虐待とも言える苛烈を極める音楽スパルタ教育を受けたことから、一時は音楽そのものに対して嫌悪感すら抱くようにまでなってしまった。1778年にはケルンでの演奏会に出演し、1782年よりクリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事した。


       1787年、16歳のベートーヴェンはウィーンに旅し、かねてから憧れを抱いていたモーツァルト弟子入りを申し入れ、モーツァルトにその才能を認められ弟子入りを許されたが、最愛の母マリアの病状悪化の報を受けボンに戻った。母はまもなく死亡し(肺結核)、母の死後は、アルコール依存症となり失職した父に代わり仕事を掛け持ちして家計を支え、父や幼い兄弟たちの世話に追われる苦悩の日々を過ごした。


       1792年7月、ロンドンからウィーンに戻る途中ボンに立ち寄ったハイドンに才能を認められ弟子入りを許可され、11月にはウィーンに移住し(12月に父死去)、まもなく、ピアノの即興演奏の名手ヴィルトゥオーゾ)として名声を博した。




       20歳代後半ごろより持病の難聴(原因については諸説あり、鉛中毒説が通説)が徐々に悪化、26歳の頃には中途失聴者となる。音楽家として聴覚を失うという死にも等しい絶望感から、1802年には『ハイリゲンシュタットの遺書』を記し自殺も考えたが、強靭な精神力をもってこの苦悩を乗り越え、再び生きる意思を得て新しい芸術の道へと進んでいくことになる。


       1804年に交響曲第3番を発表したのを皮切りに、その後10年間にわたって中期を代表する作品が書かれ、ベートーヴェンにとっての傑作の森(による表現)と呼ばれる時期となる。


       40代に入ると、
      難聴が次第に悪化し、晩年の約10年はほぼ聞こえない状態にまで陥った。また神経性とされる持病の腹痛や下痢にも苦しめられた。加えて、非行に走ったり自殺未遂を起こすなどしたカールの後見人として苦悩するなどして一時作曲が停滞したが、そうした苦悩の中で作られた交響曲第9番や『ミサ・ソレムニス』といった大作、ピアノ・ソナタや弦楽四重奏曲等の作品群は彼の未曾有の境地の高さを示すものであった。


       1826年12月に肺炎を患ったことに加え、黄疸も発症するなど病状が急激に悪化、病床に臥す。10番目の交響曲に着手するも未完成のまま翌1827年3月26日肝硬変により56年の生涯を終えた。その葬儀には2万人もの人々が駆けつけるという異例のものとなった。



       ベートーヴェンの先生としては、どの伝記作家も取り上げるネーフェ。先に上述の候付き老オルガン奏者ヴァン・エーデンの後任として1781年に就任。ベートーヴェンに何を教授したか、その期間も定かではないが、ネーフェ自身、一貫して系統立てて作曲の理論を学んでいたわけではないから、断片的にネーフェが知りうる程度の教授であったろうことは想像に難しくはない。しかし、このクリスティアン・ゴットロープ・ネーフェは、最初にベートーヴェンの才能を認めたヴァルトシュタイン伯爵とともに、ベートーヴェンの音楽的才能を最初に評価した人である光栄に浴する権利は十分にある。ベートーヴェンの「ウィーン行き」(ハイドンの元へベートーヴェンを弟子入りさせる計画)は、ネーフェとヴァルトシュタイン伯爵が実現させた立役者である。ベートーヴェンもネーフェの好意に感謝をして「私の天与の芸術が向上するにつき、先生が再三ならず与えられた助言に感謝をしております」というベートーヴェンらしい強気な自信と感謝の念を残している。


       現代において、多くの身体的障害を乗り越えて活躍する音楽家の方たちがみえるが、彼らには先駆者としてのベートーヴェンの『運命』の響きが、その耳朶から離れないであろう。



       ランキング 応援お願いします!

            
      人気ブログランキングへ
      にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                              にほんブログ村


      スポンサーサイト

      0
        • 2016.04.04 Monday
        • -
        • 22:48
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント

        ベートーヴェンさん

        何度、伺っても、壮絶な生き様に
        頭が下がります


        ありがとうございます
        • ponsun
        • 2013/02/16 5:36 AM
        ベートーヴェンさん、意思の強そうな目をしていますね。
        苦難は人を成長させます。
        それを実践してみせてくれた人ですね。
        • 太郎ママ
        • 2013/02/16 8:16 AM
        よく見ると
        めちゃめちゃイケメン〜
        こんばんわ

        ベートーヴェンは
        本当に素晴らしい人生ですね。

        全ての絵画に
        強い意思を感じられます
        PONSUNさん コメントありがとうございます♪

        そうですね〜 人間の能力の可能性を証明されましたよね〜
        太郎ママさん コメントありがとうございます♪

        ですよね〜 ”苦あれば楽あり”と言いますけど、
        人々に希望というものを与えてくれましたね☆
        タミリンさん コメントありがとうございます♪

        そうでしたね〜 見逃してました(*゚▽゚*)
        マクシフさん コメントありがとうございます♪

        ですね!素晴らしい人生であり、素晴らしい作品を残しましたね☆
        ベートーベンの曲って、とても感情表現の激しいものが多く、人生そのものを語っているような気がしていました。
        特にピアノ協奏曲の「悲愴」が大好きで、若い頃は楽譜がボロボロになるくらい弾いていたのを思い出しました。

        本当に偉大な人だと思います。
        夏雪草さん コメントありがとうございます♪

        ピアノを弾かれるんですね〜 きっと鍵盤を通じて、
        ベートーベンの魂が伝わってきたのだと思います☆
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>

        ローカルテキスト

         

        見つけよう!Amazon

        ドリームポケット

        ゴールデンアイ

        レインボーマップ

        recent comment

        recent trackback

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM