スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.04.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    アカデミー賞の歴史 〜 クローデット・コルベール 〜

    0

       クローデット・コルベール(Claudette Colbert, 本名:エミリー・クローデット・ショーショワン(ニックネームはリリー)、1903年9月13日 - 1996年7月30日)はフランス生まれのアメリカ合衆国女優1930年代40年代スクリューボール・コメディで人気を博したコメディエンヌ。



       
      パリ近郊のサン=マンデにて生まれる。父親は銀行家で、彼女が子供の時に家族でニューヨークに引っ越したため、フランス語と英語の両方を話すバイリンガルとして育った。高校卒業後、婦人服店に勤めながら、ファッション・デザイナーを志しアートスクールに通うが、劇作家に頼まれ、1923年にブロードウェイで舞台デビュー。父方の祖母の旧姓コルベールを付けて芸名にした。


       1927年にフランク・キャプラの『力漕一挺身』でデビューするも、作品はまったく成功しなかった。もともと映画より舞台に専念したかった彼女は、これが最初で最後の映画になると思ったが、大恐慌によって多くの劇場が閉鎖される中、映画に活路を見出さざるを得なかった。2年後の『女は嘘つき』がヒットし、コンスタントに映画に出演するようになった。




       1934年に『或る夜の出来事』でクラーク・ゲイブルと共演、 自身が勝手に決めた結婚相手を父親に反対され説得されるも、反発し逃げ出すと言う、富裕層にありがちである甘やかされた自己中心的な令嬢役をコミカルに演じ、第7回アカデミー主演女優賞を受賞。1936年には年収30万ドルを稼ぎ、アメリカで最も高収入の女優の一人となった。


       1945年には、所属していた映画会社パラマウントとの契約が切れ、フリーの身となってしばらくは順調に映画出演が続くがこれまでの勢いは徐々に下落していった。1950年の戦争映画『三人の帰宅』では日本人俳優早川雪洲とも共演したが、商業的にヒットしなかった。



       1950年代後半はテレビ番組でゲスト出演していたが結局ブロードウェーに戻った。1958年の舞台『The Marriage Go-Round』ではトニー賞にノミネートされている。1950年代中盤で映画界を事実上引退した後は、NY市マンハッタンのアパートとカリブ海の島国バルバドスの家に住んだ。1987年のテレビ作品『グレンヴィル家の秘密』ではゴールデングローブ賞受賞し、エミー賞にもノミネートされた。92歳で脳卒中のため死去。子供のいなかったコルベールの遺産のほとんどは、長年の女友達に与えられた。


       私生活では二度結婚しているが、最初の夫とはハリウッドで同居せず、二番目の夫とも1950年代中盤以降は基本的に別居した。結婚は偽装であり、実はレズビアンではないかという多くの噂が流れた。またクローズアップでは顔の左からの撮影しか許さなかった事で有名。




       なお古いソースでは1905年生まれとなっているが、新しいソースでは1903年生まれに訂正されている。


       フランス出身でありながらハリウッド映画で主に活動した女優は他にルネ・アドレー、レスリー・キャロン、コリンヌ・カルヴェ等がいる。


       戦前の米国映画は、「ボーイ・ミーツ・ガール」という典型的な法則に支配されていた。つまり、一人の青年が一人の少女に会う。そして恋に落ちる。そこへごたごたが起きて二人の仲はピンチになるが、その危機は克服され、二人はめでたく結ばれる。というハッピーエンドで、特に軽い作品には時々見ることができる。この『或る夜の出来事』ではこの土台の上にいろいろな趣向をこらして、巧みな話術で展開した作品である。



       おしゃれな台詞、キビキビした物語展開に、キャプラの弾むような演出のどれもが光る作品である。トーキー5年目にしてキャプラはトーキーを完全にマスターし、誰よりも鮮やかなストーリー・テラーとしての才能を全開させている。

       
       
      アカデミー賞では主要5部門でノミネートされ、5部門とも受賞した(作品賞監督賞主演男優賞主演女優賞脚色賞)。ちなみにこの5部門(脚色賞は脚本賞でもいい)を全て制することは、1975年の『カッコーの巣の上で』が成し遂げるまで40年の間出ないほどの大記録であった。












       ランキング 応援お願いします!
            
      人気ブログランキングへ
      にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                 にほんブログ村


      スポンサーサイト

      0
        • 2016.04.04 Monday
        • -
        • 22:29
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント

        コメディエンヌという言葉があったのですね

        クローズアップでは顔の左からの撮影しか許さなかった
        のですか?

        そのこだわり、面白いですねぇ


        ありがとうございます
        • ponsun
        • 2013/03/02 4:12 AM
        クローデット・コルベールさん、映画館ではなくテレビで観たような・・・
        茶目っ気たっぷりの顔というか、可愛いお顔立ちですねぇ。
        • 太郎ママ
        • 2013/03/02 8:47 AM
        昔、ベティちゃんという目の大きな
        クリクリの髪の毛をした女の子のアニメがありましたが、ちょっと似ていると思いました。
        • 夏雪草
        • 2013/03/02 2:47 PM
        PONSUNさん コメントありがとうございます♪

        「コメディエンヌ」自分も初めて知りました!
        左から撮影しか許さないというのは「女優魂」ですね〜
        太郎ママさん コメントありがとうございます♪

        だんだんと太郎ママさんの記憶に近づいてきましたね(笑)
        夏雪草さん コメントありがとうございます♪

        「ベティちゃん」懐かしい〜 ほんと似てますね!
        こんばんわ

        顔の左側から・・・
        それが好きだったんでしょうか笑
        マクシフさん コメントありがとうございます♪

        そうですよね〜 そこまでの違いがあったのでしょうか?
        眉毛のせいかしら?
        眠そうだ〜(笑
        タミリンさん コメントありがとうございます♪

        女性の化粧って、凄いですよね〜
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>

        ローカルテキスト

         

        見つけよう!Amazon

        ドリームポケット

        ゴールデンアイ

        レインボーマップ

        recent comment

        recent trackback

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM