スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.04.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    アカデミー賞の歴史 〜 ベティ・デイヴィス 〜

    0

       ベティ・デイヴィス(Bette Davis, 1908年4月5日 - 1989年10月6日)はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ローウェル出身の女優である。本名ルース・エリザベス・デイヴィス。あだ名は「5番目のワーナー兄弟」や「フィルムのファーストレディ」とも言われていた。



       幼いとき両親が離婚して、早くから母や姉から自立せねばならなかった。ハイスクール在学中から、ダンスや演技を学び俳優を目指した。芸能専門学校に在校したのち、
      オフ・ブロードウェイでの舞台俳優の経験を経て、1929年にブロードウェイの舞台でデビュー。


       しかし、映画女優の道を選び1930年後半彼女はユニヴァーサル映画によって雇われた。ハリウッドに到着したとき、どんな映画スターにも似ていなかったので、彼女の列車を迎えに行ったスタジオ代表は彼女を見つけることができずに手ぶらで帰ったという。ユニヴァーサルの『姉妹小町』(1931)で映画デビューを果たす。ユニヴァーサル時代は失敗作ばかりだったので、翌年の『The Man Who Played God』(1932)で注目していたワーナー・ブラザーズとの間に7年間の専属契約を果たす。




       1934年、RKOに客演したジョン・クロムウェル監督の『痴人の愛』(原作はサマーセット・モームの『人間の絆』)が評判となり、以後演技派の大女優への道を歩む。代表作は第8回アカデミー主演女優賞を獲得した『青春の抗議』(1935)、『黒蘭の女』(1938)をはじめ、『化石の森』(1936)、『札つき女』(1937)などがある。1938年から1942年まで、5年連続でアカデミー賞にノミネートされたのは、グリア・ガースンと並び、アカデミー賞史上空前の記録である。


       また、1941年10月には米国映画芸術アカデミー(AMPAS)に女性としてはじめて会長に就任する。しかし2ヶ月後には退任。


       1940年代後半はあまりぱっとしなかったが、病気のクローデット・コルベールに代わって出演した1950年の『イヴの総て』では迫力ある演技を見せ、一躍悪女で大スターという映画史上でも珍しいポジションを得た。



       1960年以降はライバルのジョーン・クロフォードと共演した『何がジェーンに起ったか?』(1962)、『誰が私を殺したか?』(1964)、『ふるえて眠れ』(1964)などで一癖ある独特の性格女優として真価を発揮した。


       1987年には『八月の鯨』でリリアン・ギッシュとともに人生の黄昏を迎えた老姉妹を演じて人々を感動させた。生涯にアカデミー賞に10回ノミネートされたのも空前の記録であった。




       1989年、フランスのヌイイでガンのために死去。俳優のゲイリー・メリルなど4回の結婚歴がある。彼女は、実はウィリアム・ワイラーを愛していたが、結婚はしなかった。


       AFI(米国映画協会)は、1977年に彼女に生涯功労賞を授与し、そしてまた「最も偉大な女優50人」の第2位に選んだ。また、AFIが選出した「100人のヒーロー・ヒロインと悪者たち」の中で、フェイ・ダナウェイと並び2作品が入っている。第33位の『偽りの花園』(1941)でのレジーナ・ギデンズ役と、第34位『何がジェーンに起こったか?』(1962)のベビー・ジェーン・ハドソン役である。



       2007年、米郵政公社はデイヴィスの生誕100周年を記念して切手を発行した。


       なお1981年には、彼女を題材としたキム・カーンズの「ベティ・デイビスの瞳(Bette Davis Eyes)」という歌が全米で9週1位という記録的な大ヒットとなり、グラミー賞の最優秀楽曲賞、最優秀レコード賞を受賞した。


       

       ランキング 応援お願いします!
            
      人気ブログランキングへ
      にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                              にほんブログ村


      スポンサーサイト

      0
        • 2016.04.04 Monday
        • -
        • 22:21
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント

        ベティ・デイヴィスさん

        なんとも愛らしい女優さんですね

        題名は忘れましたが、映画でも出逢ったような
        気がしております


        ありがとうございます
        • ponsun
        • 2013/03/09 8:09 AM
        ベティ・デイヴィスさん、テレビ画面で観ました。
        映画は洋画が一番好きでした。
        日本映画より多く観ているような気がします。
        言葉が分からなくて字幕を必死に追うような観方なのですが。
        この頃は、映画館では日本映画を観る方が多いですね。
        • 太郎ママ
        • 2013/03/09 8:48 AM
        こんばんわ

        可愛らしい顔ですね・・・。
        素晴らしい^^笑

        悪女で大ヒットってすごいなぁ
        PONSUNさん コメントありがとうございます♪

        可愛らしいですよね〜「イブの総て」は最近になって見ました☆
        太郎ママさん コメントありがとうございます♪

        昔の洋画は、字幕スパーですよね〜
        でも、その役者の生の声が聞こえるので、今でも字幕スパーもいいなと思っています☆
        マクシフさん コメントありがとうございます♪

        なかなかできませんよね〜 悪女でヒット素晴らしいです☆
        タイトルを見ると、過去に観ているはずなのですが、ちょっと思い出せません。
        目と口がはっきりして可愛らしい方ですね。
        夏雪草さん コメントありがとうございます♪

        自分も最近になってみてますからね〜 
        サイレント映画というか、モノクロが好きなんですね☆
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << September 2019 >>

        ローカルテキスト

         

        見つけよう!Amazon

        ドリームポケット

        ゴールデンアイ

        レインボーマップ

        recent comment

        recent trackback

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM