スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.04.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    人気アーティスト・ランキング 〜 Mr.Children 〜

    0

       Mr.Children(ミスターチルドレン)は、日本ロック・バンド。略称は「ミスチル」。音楽プロデューサー小林武史。所属事務所烏龍舎。所属レコード会社トイズファクトリー。公式ファンクラブ名は「FATHER&MOTHER」。



       デビュー以来20年以上の間、日本のポップミュージックの第一線を走り続ける大人気ロックバンドとして知られる。1990年代の
      J-POPブームに乗って数々のヒット曲を生み出し、1994年から95年に発売したCDは全てミリオンセラーとなったことからメディアには大々的に「ミスチル現象」と称された。


       2000年代に入っても依然として名実共に日本の音楽界を代表するロックバンドとしてアルバムセールスにおいて圧倒的な存在感を見せる。




       プロデューサーはデビュー当時から小林武史が担っており、楽曲制作には欠かせない人物となっている。


       1985年、同じ関東高等学校(現・
      聖徳学園高等学校)に通う桜井和寿田原健一中川敬輔が中心となり5人組バンド「Beatnik」を結成し、1987年にバンド名を「THE WALLS」に改名。1988年、田原、中川の中学時代の同級生で他のバンドで活動していた鈴木英哉が加入して現在の4人体制となる。1989年1月1日に「Mr.Children」と改名した。その後ライブハウス「渋谷La.mama」を中心に約3年5か月間アマチュアとして活動し、1991年11月には後に20年以上にわたって全作品のプロデュースを勤めることとなる小林武史と初めて対面する。小林はMr.Childrenとの初対面を「(雰囲気が)暗いし、演奏も決して上手くは無かった」と回想している。1992年5月10日に小林プロデュースでミニアルバムEVERYTHING』を発売し、トイズファクトリーからメジャーデビュー。アマチュア時代からライブチケットを完売できるほど人気が高かったため、関係者からは期待されていたが数年の間は全く売れなかった(同期のバンドの中で最も売れなかったとメンバーは語っている)。



       1993年発売の4thシングル「
      CROSS ROAD」がオリコンチャートで最高順位が6位ながらも50週チャートインするロングヒットで初のミリオンセラーを達成すると、1994年発売の5thシングル「innocent world」で同チャート初登場1位を獲得。同年の年間シングルチャートでも1位を獲得し、同曲で第36回日本レコード大賞・大賞を受賞した。1995年には当時の史上最速記録でオリコン集計によるシングル総売上が1000万枚を突破、その後は11thシングル「花 -Mémento-Mori-」までの8作連続でミリオンセラーを記録するなど一気に邦楽界のトップシーンに登り詰めた。


       1997年4月から活動休止期間に入り、1年半の休止期間を経て1998年10月に15thシングル「終わりなき旅」で本格的に活動を再開。2001年には区切りとなる2枚のベストアルバムMr.Children 1992-1995』『Mr.Children 1996-2000』を発売し、2002年にはデビュー10周年を迎えた。同年桜井が小脳梗塞を患ったため、一時はその後のアーティスト生命が危ぶまれたものの、半年の療養を経て24thシングル「HERO」で音楽活動を再開。2004年には「Sign」でバンドとしては史上初となる2度目の日本レコード大賞を受賞。2007年には13thアルバム『HOME』で初のオリコン年間アルバムチャート1位を獲得した。



       現在もコンスタントに楽曲を発表し、ライブ活動も精力的に行なっており、デビュー20周年を迎える2012年5月10日には2度目のベストアルバム『Mr.Children 2001-2005 <micro>』『Mr.Children 2005-2010 <macro>』を発売した。



       アルバムを発売した後はツアーの名前にアルバムの名前を含んだライブツアーを行っており、時にはドームやスタジアムなどの大規模な会場でアルバム名を含めたツアー名でライブを行うこともある。「
      ap bank fes」を除いた野外ライブの参加がなくなった一方で、『HOME』から『SENSE』までは、例としてアルバム『HOME』発売後に『Mr.Children "HOME" TOUR 2007』『Mr.Children "HOME" TOUR 2007 -in the field-』といった1つのアルバムごとに、2度のライブツアーを行っている。アルバムの後に行うツアーではアルバムツアーをし、その次に行うライブツアーではドームやスタジアムなどでライブを行っている。



       1度のライブにおける平均的なデータとしては曲数は23曲前後、公演時間は約2時間30分-3時間30分。MCは桜井が単独で話す場合が多いが、『MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012』では鈴木も話していた。MCの時間は1994年から徐々に減り始め、1996年からは1度のライブで数回行われるMC時間を合計しても15分程度になり、曲を聴いて欲しいという姿勢が顕著になっている。ライブ中は田原と中川と鈴木は例外を省き、定位置から動かず演奏しているが、ミニステージが会場中央に設置されているライブではそこにメンバー全員が移動して演奏することがある。積極的にステージ上を動いて観客を盛り上げるのは桜井の役目になっている。


       日本のGS時代の変遷に、大きな意味を持つ彼らの登場である。20年間の彼らが積みあげた足跡は確実に前を向いて進んでいる。

       


       ランキング 応援お願いします!

            
      人気ブログランキングへ
      にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                              にほんブログ村


      スポンサーサイト

      0
        • 2016.04.04 Monday
        • -
        • 22:00
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        ミスターチルドレンさんたち、よくは知りませんが、たぶん曲は聴いていると思います。
        どんなに好きなことでも、仕事として続けることは大変なことですよね。
        グループでの活動は、一人ひとりが大切な役目があって、支えあっての20年だったことでしょうね。
        • 太郎ママ
        • 2013/03/06 7:34 AM
        ミスチル。。。
        ステキな歌手ですよね〜
        太郎ママさん コメントありがとうございます♪

        そうですよね!きっと聞いていると思います☆
        一言で20年といっても、いろいろな困難があったでしょうね〜
        タミリンさん コメントありがとうございます♪

        ミスチルいいですよね〜 若さを失いませんね〜

        Mr.Childrenさん

        よく聴くようになったのは、最近です

        メロディもさることながら、詩がおもいのたけを
        あますところなく見事に表現されているようで、
        ステキですね


        ありがとうございます
        • ponsun
        • 2013/03/07 4:02 AM
        PONSUNさん コメントありがとうございます♪

        そうですね〜 自分も詩が好きですね!
        壮大な世界観がありますね☆
        こんにちはー

        そうか…もうミスチルも20年やっているんですね
        昔ファンだったけど最近の曲は知らないです
        きっといろんな人の記憶に残ったでしょうね
        • すとりーと
        • 2013/03/07 9:17 PM
        すとりーとさん コメントありがとうございます♪

        20年というと、デビュー当時と今では曲調も声質も変わりますからね〜
        彼らの場合、その都度、違う年代の人の心を掴んでいった気がしますね☆
        20年ですかぁ。
        ミスチルの曲、いいですね〜。
        最初の頃はあまり聞いていなかったのですけどね。
        桜井さんが病気療養の時は心配しましたね。
        お元気になられて良かったです。
        夏雪草さん コメントありがとうございます♪

        デビュー当時と今と、どちらがいいかと聞かれると、
        どちらもいいと言えるのが、ミスチルの良さでしょうね〜
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        ローカルテキスト

         

        見つけよう!Amazon

        ドリームポケット

        ゴールデンアイ

        レインボーマップ

        recent comment

        recent trackback

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM