スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.04.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    『 幻 愛 』 〜 詩小説 6 〜

    0

        

      第6話

       


       車窓から見える景色は、灰色の建物から少しづつ少しづつ、緑

      の木々に移り変わっていった。高校を卒業するとき、画家になる

      と言って家を飛び出した自分。何とか、大学に入学したものの、

      バイト、バイトに明け暮れる毎日。好きな絵も何が真実かわから

      ぬまま、卒業を迎えた。あれから
      7年、一度も実家には帰ってな

      い。いや、帰れない。こんな情けない自分を見せられない。頭の

      中は混乱したままだ。



       まだ時間はある、少し眠ろう。眠りほど人の心を安らかにする

      ものはない。ぼくは、いつの間にか、小学生の頃、苦労して歩い

      た山道にいた。周りもあの頃となんら変わらない。前を赤いラン

      ドセルの女の子が歩いている。そうだあの子だ。幼稚園の頃か

      ら、一緒に通った「あっちゃん」だ。ぼくは、あわてて追いつこ

      うと走った。走ったのに少しも前に進まない。「あっちゃん」は

      どんどん離れていく。


       「あっちゃーん!」


      叫んでも振り向いてもくれない。どんどんどんどん、「あっちゃ

      ん」が遠のいていく。「ああーっ!」と叫んだと同時に、窓に頭

      をぶつけた。目が覚めた。


       「ここは、どこだ?」


      焦ってあたりを見渡した。大丈夫、まだ、到着してない。目をこ

      すり、大きく手を伸ばし、あくびをした。


       「クククッ。」


      後ろから、笑いを噛み殺すような声が聞こえた。そっと、覗いて

      みると、見知らぬ顔だ。


       「ご、ごめんなさい。」


      口を手で押さえたまま、まだ笑いをこらえていた。髪の長い、よ

      く見ると可愛い子だ。しかし、気分的には面白くないので、知ら

      ん顔をして前を向いた。

       


       しばらくすると、駅に到着した。荷物を取ろうと網棚に手を伸

      ばすと、後ろの彼女も同じ行動をとっている。(ここで、降りる

      のか。)何だかドキドキしてくる。馬鹿だ、ぼくは、わざと知ら

      ない顔をした。


       ホームに降りると、はてさて、久しぶりなので降り口がわから

      ない。後ろの彼女は、さっさと歩いて行った。(まいいか、着い

      ていこう。)また、悪い癖だ。
      しかし不思議にもぼくの行きたい

      降り口と同じだった。(ラッキー!)あれ、子供じみてる。自分

      で、自分がわからない。



       改札口を出ると、さすがに同じ方向にはいかないだろうと見て

      いると、彼女は僕の行きたい方へと進んでいった。

       

                             (つづく)

       


       ランキング 応援お願いします!

            
      人気ブログランキングへ
      にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                              にほんブログ村


      スポンサーサイト

      0
        • 2016.04.04 Monday
        • -
        • 15:39
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント

        見知らぬ顔の女の子

        ひょっとしたら、昔の知り合いでしょうか
        気のせいかもしれません(嬉笑)


        ありがとうございます
        • ponsun
        • 2013/03/10 5:34 AM
        あっら、どうなるのかと楽しみになってきました。
        「あっちゃん」の成人した姿だったりして・・・
        • 太郎ママ
        • 2013/03/10 9:15 AM
        ドキドキしてきた〜
        PONSUNさん コメントありがとうございます♪

        う〜ん、いいとこ突いてきますね〜
        太郎ママさん コメントありがとうございます♪

        おお〜 続きが楽しみですね〜
        タミリンさん コメントありがとうございます♪

        ドキドキしました、嬉しいですね〜
        こんばんわ

        え〜!
        なんだか不思議な感じですね・・・。

        どうなるんでしょうか・・・。
        マクシフさん コメントありがとうございます♪

        不思議な感じ伝わりましたかぁ〜 お楽しみに〜
        え、それあっちゃんじゃないのかしら?
        そうだったら良いのに・・・。

        なんだか、明るい兆しが見えるようですが(笑)
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>

        ローカルテキスト

         

        見つけよう!Amazon

        ドリームポケット

        ゴールデンアイ

        レインボーマップ

        recent comment

        recent trackback

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM