スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.04.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    アカデミー賞の歴史 〜  ヴィヴィアン・リー 〜

    0

       ヴィヴィアン・リー(Vivien Leigh、1913年11月5日 - 1967年7月8日)は、イギリス女優



       
      インドダージリン出身。本名は、ヴィヴィアン・メアリー・ハートリー(Vivian Mary Hartley)。リーの父はイギリス人の株の仲買人で、母のガートルードの祖父のジョン・ヤグジーはアルメニア系、祖母はアイルランド人であり、彼女の黒髪と青い目とエキゾチックな美貌は母親譲りである。リーは上流階級の教育を受けさせたいという両親の希望で、6歳でローハンプトンのセイクレッド・ハート修道院に入所させられ、そこで後の女優仲間となるモーリン・オサリヴァンと出会う。その後、彼女は王立演劇芸術アカデミーを卒業した。


       彼女は1932年にケンブリッジ大卒で13歳年上の法廷弁護士ハーバート・リー・ホルマンと結婚し、彼らの間には1933年に娘のスーザンが生まれたが、リーは女優として大成功することしか考えておらず、娘の養育には殆ど興味を示さなかった。ホルマンは彼女との結婚の間、彼女のマネージャーもしていたが、夫としての本音は女優を引退し家庭的な主婦になってもらうことだった。しかしそれは上昇志向が誰より強く野心のかたまりのリーには無理な注文だった。



       女優としてのリーの経歴は、舞台演劇から始まった。彼女の初出演作は『緑の飾り帯 The Green Sash』であり、彼女をスターダムに押し上げた作品は『美徳の仮面 Mask of Virtue』であった。1935年に彼女は初めて映画『探しだされるもの』に出演した。しかしながら彼女の最も有名な出演作は1939年の『風と共に去りぬ』であった。彼女はハリウッドに進出したイギリスの男優ローレンス・オリヴィエを追って渡米していた。ヒロインの決まらぬまま、撮影所ではアトランタ炎上のシーンが撮影されていた。その場でプロデューサーのデヴィッド・O・セルズニックに「スカーレットがそこにいた!」と見いだされたという有名な逸話があるが、セルズニックの息子の証言によると、それはハリウッドによくある宣伝用の作り話で、実際は撮影の2日前、当時オリヴィエのマネージャーを務めていた彼の兄のマイロンに紹介でカメラテストを受けた結果、リーはスカーレットのオーディションに合格していた。そして彼女は主演・スカーレット・オハラ役で第12回アカデミー主演女優賞を受賞した。


       1940年にリーはホルマンと離婚し、オリヴィエと再婚した。オリヴィエとの出会いは1935年に、彼の舞台での勇姿を見たリーが彼に一目ぼれをしたのがきっかけだが、彼女はオリヴィエを自分に振り向かせるために、オリヴィエ夫妻の出入り先を調べてそこへ偶然を装って押しかけて知人同士になり、次に彼の好みや性格を良く知っている妻のジル・エズモンドにも近づき友人となり彼女を手なづけるなど、オリヴィエの愛人の地位を得るための手段を選ばなかった。そしてその交際は次第にエスカレートし人目をはばかることなく行われたが、当時オリヴィエの妻であった女優のジル・エズモンドは妊娠していた。ジルは後に男児を出産。しかし彼女もリーが人並み外れた野心的な性格を持ちながらも、その反面あまりにも美しくチャーミングな性格にも魅了されていた面もあり、レズビアンのジルは夫婦の仲を引き裂いた彼女に怒りをぶつけることはなかった。



       1944年に彼女は左肺が結核に感染していると診断された。病気にもかかわらず彼女はソーントン・ワイルダー作の舞台『危機をのがれて Skin of Our Teeth』や、1946年には映画『シーザーとクレオパトラ』に出演したが、それは彼女の結核を悪化させる原因となった。そしてこの映画の撮影中に転倒してオリヴィエとの子供を流産をした。また、サー(Sir)の称号を得た、オリヴィエという偉大な俳優を夫に持った故に、同じく俳優として大成したい、オリヴィエの配偶者としてのレディー(Lady)の尊称ではなく、彼と同等に、女性の称号デイム(Dame)が欲しいという願望に、引き裂かれた。1951年に彼女は映画『欲望という名の電車』でのブランチ・デュボワ役で2度目のアカデミー賞を受賞した。



       1960年代の初めに彼女は二度流産し、結核で体力も衰えていた。さらに彼女は双極性障害に暫くの間悩まされた。双極性障害は彼女の快復の障害の大きな要因と考えられた。彼女は普段は礼儀正しく温和であったが、躁病のときはヒステリーを起こし意味不明な言動で周りを振り回したり、暴言を吐いて暴れることが度重なり(映画巨象の道の強制降板は、このヒステリー発作が出たため)、また性的関係が乱脈になり手がつけられない状態になり(ゴシップとして騒がれた例はオリヴィエの後輩俳優のピーター・フィンチとの浮気など)夫婦関係がすっかり破綻してしまい、オリヴィエが家を出てしまい、1960年に彼女とオリヴィエは合意の上離婚した。「レディー・オリヴィエは、オリヴィエのためなら何でもしてあげます。」と、離婚に同意したという。彼女は後に恋人の俳優ジョン・メリヴェールと同居している間でさえ、周りの人たちに離婚前と同様に自分をレディ・オリヴィエと呼ぶように頼み、ベッドサイドのテーブルに額に入ったオリヴィエの写真を飾っていた。


       二度目の結婚のせいで、ホルマンと娘スーザンを捨てたかたちになっていたが、彼女は二人と連絡を取り合っていた。スーザンが初めて出産したとき、祖母になった彼女は、生まれて間もない孫を抱くことができた。女優のジュリエット・ミルズの名付け親である。他に素晴らしい孫3人にも恵まれた。またオリヴィエの先妻ジルとの関係が良好だったので、彼らとの間の息子とも親しく交際していた。


       リーは慢性的な結核の末、1967年にロンドンの自宅アパートで喀血によって気管を詰まらせて死去した。葬儀委員長は前夫のオリヴィエが務め、生前のヴィヴィアンの希望通り遺体は火葬され、遺灰はロンドンサセックス、ブラックボーイズの近くにあるティッカレジ・ミル湖にまかれた。


       リーはその生涯をイギリスで閉じたが、ハリウッドの人々は彼女の女優としての功績を称え、ハリウッド大通り6773番地のハリウッド名声の歩道に、彼女の名を刻んだ星型のタイルを埋め込んだ。


       『風と共に去りぬ』は、南北アメリカの独立を描いただけでなく、当時の男女の独立も描いている。彼女が演じたスカーレット・オハラは、まさにその象徴といってよい。



                             

      風と共に去りぬ [DVD]

      新品価格
      ¥421から
      (2012/5/25 08:33時点)

      ランキング 応援お願いします!

      人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                              にほんブログ村


      スポンサーサイト

      0
        • 2016.04.04 Monday
        • -
        • 08:43
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント

        ヴィヴィアン・リーさん

        風と共に去りぬで、決まりですね
        あの名演技、忘れることができません


        ありがとうございます
        • ponsun
        • 2013/04/19 5:42 AM
        ヴィヴィアン・リーさん、インド出身らしいお顔をしていますね。
        「風と共に去りぬ」は観ましたよ。
        気性の激しい感じが合っていたような気がします。
        • 太郎ママ
        • 2013/04/19 7:42 AM
        こんばんわ

        ハリウッド名声の歩道

        いいですね。
        PONSUNさん コメントありがとうございます♪

        そうですね〜 あのスカーレット・オハラは忘れませんね☆
        太郎ママさん コメントありがとうございます♪

        インド出身、目の付け所がいいですね(笑)
        マクシフさん コメントありがとうございます♪

        ハリウッドという舞台が多くの名声を生んだのでしょうね☆
        おはようございます。

        「風と共に去りぬ」はとても印象的でしたね〜。
        女性感について、とても考えさせられたというか、
        影響を受けた映画でした。
        スカーレットの役はいろんな人が候補に挙がっていたようですが、やはりピッタリだったような気がしますね。
        夏雪草さん コメントありがとうございます♪

        女性の自立、男女平等、この時代によく描けましたよね☆
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>

        ローカルテキスト

         

        見つけよう!Amazon

        ドリームポケット

        ゴールデンアイ

        レインボーマップ

        recent comment

        recent trackback

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM