スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.04.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    心に残る歌声 〜 サイモン&ガーファンクル 〜

    0

       サイモン&ガーファンクル(Simon & Garfunkel, サイモンとガーファンクル)は、1960年代に活躍した、ユダヤ系アメリカ人ポール・サイモンアート・ガーファンクルによるポピュラー音楽ユニット。
       


       1964年にデビュー、1970年に活動停止。しかし、それ以後も折に触れて2人で活動している。1990年ロックの殿堂入りを果たした。


       
      ニューヨークの小学校時代からの親友だった、ポールとアートは、1957年に「トム&ジェリー」を結成(ポールはジェリー・ランディス(Jerry Landis)、アートはトム・グラフ(Tom Graph)という芸名を使用)し、デビュー曲「ヘイ・スクールガール(Hey, Schoolgirl)」を小ヒットさせた。その後、2人は大学での学業に専念するが、1963年に再びコンビを組み、1964年にグループ名をサイモン&ガーファンクルと改めて、アルバム『水曜の朝、午前3時(Wednesday Morning,3A.M.)』でデビューした。




       しかし、発売初年度の売上が3,000枚と惨憺たるものであったので、ポールはヨーロッパ放浪の旅へ出てしまい、アートもデビュー前に通っていた大学院へと戻ってしまったが、プロデューサーのトム・ウィルソンが、アルバム収録曲『サウンド・オブ・サイレンス(The Sound of Silence)』にエレキギターやドラムなどを別テイクで加えてシングル発売したところ、これが大ヒット。サイモン&ガーファンクルは、一躍人気フォークロック・デュオとなる。


       なお、『キャシーの歌(Kathy's Song)』は、ポールがイギリスに長期滞在していた際に交際していたガールフレンドに贈った曲である。キャシーは、ポールが歌っていたパブで券もぎ係りをしていた女性であった。また、『アメリカ (America)』の歌詞で触れているKathyと同一人物で、2人でアメリカ旅行に出掛けた際に書いたとされている。ポールのアルバム『ポールサイモン・ソングブック(Paul Simon Song Book)』に、若かりし頃のポールとキャシーが写っている。



       その後も、ポールの作り出す哲学的・思索的な深い内容の詞・曲とアートの美しい歌声、そして2人の絶妙なハーモニーが受けて『スカボロー・フェア/詠唱(Scarborough Fair/Canticle)』『ミセス・ロビンソン(Mrs.Robinson)』などが大ヒット。1967年に映画『卒業』(日本公開は1968年)の音楽を担当したことで、日本をはじめ世界的にも大きな成功を収めた。


       だが、1970年発表のアルバム『明日に架ける橋(Bridge Over Troubled Water)』の制作中に、ポールとアートの音楽に対する意見の違いが表面化した。『明日に架ける橋』は、全世界で売上が1,000万枚を超える大ヒットとなり、グラミー賞の最優秀レコード賞・最優秀アルバム賞を受賞したものの、このアルバムを最後に2人はそれぞれのソロ活動に入った。


       1972年6月14日、民主党大統領候補ジョ−ジ・マクガバン支援コンサ−トに揃って登場し「スカボロ・フェア」、「ザ・ボクサ−」、「明日に架ける橋」などを歌った。




       1975年には『マイ・リトル・タウン(My Little Town)』をS&Gで録音し、それぞれのソロ・アルバム(ポール『時の流れに』、アート『愛への旅立ち』)に収録しているほか、1978年にアートが発表した『ウォーターマーク(Watermark)』に収録されている「(What A) Wonderful World(同:ワンダフル・ワールド)」では、ジェームス・テイラーと共にギターとボーカルでポールも参加しており、透明感あふれる3人のハーモニーを披露している。


       1981年9月19日には、ニューヨークのセントラル・パークで再結成チャリティコンサートを開いて53万人もの観衆を動員し、世界ツアーを行った(1982年にはS&Gとして初来日し、後楽園球場大阪球場でコンサートを行っている)。この時、サイモンの作品にガーファンクルが参加する形でアルバム制作が行われたが、作品に対する意見の食い違いから、結局サイモンのソロ・アルバム(『ハーツ・アンド・ボーンズ』)としてリリースされた。このアルバムに収録された曲のいくつかは、ガーファンクルも録音に参加し、発売直前まで完成していた。その後、2人の間は疎遠になっていった(サイモンが、2003年にソロとしてロックの殿堂入りした際に、わざわざ「ガーファンクルとは仲直りしたい」とスピーチで述べているほど、2人の関係は冷え切っていた)。しかし、この疎遠な関係はあくまで音楽家としてであり、音楽を離れたプライベートでは、一緒にスイスへスキー旅行へ行くなど、旧友としての親交はその間も続いていたと言われている。



       近年は1993年2003年と度々再結成を行い、全米ツアーなどを行っている。1993年12月1日には「Event of a lifetime Tour」の東京公演・福岡公演としてそれぞれ東京ドーム福岡ドームで再来日公演を行なった。この際、南こうせつが前座を務めた。2009年7月には16年ぶりの来日公演を行い、約15万人を動員する成功を収めた。2人の年齢からして最後の来日公演となるのではと言われている。ポール・サイモン本人も「2人とも年齢の事もあるし」と、今回の再結成が最後になることを示唆した発言をしている。


       また、彼らの作品は多くのミュージシャンにカヴァーされ、歌い継がれている。例えばエルヴィス・プレスリーは、1970年以降のライヴで頻繁に「明日に架ける橋」を取り上げている。




       忘れられない曲のひとつに「コンドルは飛んで行く  (1970年)」がある。ケーナ・チャランゴ・ギターで演奏されるこの曲は日本でも多く親しまれている。曲は3部構成となっており1部がヤラビと呼ばれるアンデスの寒く乾いた山を連想させるもの悲しい旋律、2部がフォックス・インカイコまたはパサカージェと呼ばれる行進曲調のリズム、3部がワイノと呼ばれる華やかな舞曲となっている。サイモン&ガーファンクルがカバーしたのは、このうちの第1部の部分だけである。悲しい音色の中にペルーの大空を舞うコンドルを思わせる雄大さがある。 


       ランキング 応援お願いします!

            
      人気ブログランキングへ
      にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                              にほんブログ村


      スポンサーサイト

      0
        • 2016.04.04 Monday
        • -
        • 21:49
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        サイモン&ガーファンクルさんたち。
        名前より「コンドルは飛んでいく」の方が印象的です。
        ずいぶんと聴きましたよ。
        • 太郎ママ
        • 2013/04/23 7:48 AM
        おはようございます。

        美しいハーモニーが、印象的ですね。
        とれも名曲となって、残っています。
        久しぶりにまた聴きたくなりました。
        • 夏雪草
        • 2013/04/24 6:07 AM


        サイモン&ガーファンクルさん

        懐かしいですねぇ
        いろいろな曲が思い出されますが、
        ボクサーとか、明日に架ける橋が印象に強く残っています


        ありがとうございます
        • ponsun
        • 2013/04/24 6:36 AM
        こんばんは〜

        良いですねぇ〜
        全曲大好きで〜す。
        セシリアやアット・ザ・ズーは明るいですしぃ〜
        オールドフレンドも好きでした。

        当時の音楽は良いですね。
        • haru
        • 2013/04/24 7:11 PM
        太郎ママさん コメントありがとうございます♪

        そうですね〜 自分も「コンドルは飛んでいく」が印象に残ってますね☆
        夏雪草さん コメントありがとうございます♪

        名曲が多いですよね〜 時々聞いては癒されてます☆
        PONSUNさん コメントありがとうございます♪

        懐かしいですよね〜「明日に架ける橋」これも忘れられない曲ですね☆ 
        ハルさん コメントありがとうございます♪

        さすがに造詣が深いですね〜 いい時代ですよねぇ☆
        こんばんわ

        名曲ですね^^
        たまに聞くといい感じになれますね
        マクシフさん コメントありがとうございます♪

        そうですよね〜 時々、聴きたくなるんですよね☆
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>

        ローカルテキスト

         

        見つけよう!Amazon

        ドリームポケット

        ゴールデンアイ

        レインボーマップ

        recent comment

        recent trackback

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM