スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.04.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    心に残る歌声 〜 オリビア・ニュートン=ジョン 〜

    0

       オリビア・ニュートン=ジョンAO, OBE(Olivia Newton-John, 1948年9月26日 - )はイギリス生まれ、オーストラリア育ちの歌手実業家。1970年代から1980年代半ばにかけて数多くのヒット曲を放ち、世界的な人気を博した。現在もレコーディング、コンサート、自社ブランドのオーナーなど、多方面で活躍する。本来はオリヴィア・ニュートン=ジョンだが、日本では通常オリビア・ニュートン・ジョンと表記している。



       
      イングランドケンブリッジ生まれ。母方の祖父はアインシュタインとも親しかったドイツのノーベル賞受賞物理学者マックス・ボルン(Max Born)、ウェールズ人の父親はケンブリッジ大学のドイツ語教授であった。5歳の時に父がオーストラリアの大学に移り、家族とともに移住。14歳の頃から学友とバンドを組んで、バーなどで歌い始めた。1965年、出演したオーディション番組で優勝。その懸賞で英国に戻り、1966年にデビューした。




       クリフ・リチャードのバック・コーラスなど下積みの時期がしばらく続いたが、1970年にヴァル・ゲスト監督による『オリビア・ニュートン・ジョンのトゥモロー』Toomorrow で映画主演し、歌も披露。1971年ボブ・ディランジョージ・ハリスンに提供した曲のカバー『イフ・ノット・フォー・ユー』If Not For You がヒットしたのをきっかけにスターの階段をのぼり、可愛らしいルックスとカントリー系の素朴な路線で着実に人気を集めた。1973年頃よりMOR、コンテンポラリー色を強め、1974年のシングル『愛の告白I Honestly Love You が全米1位を獲得、グラミー賞の最優秀レコード賞と最優秀女性歌唱賞に輝いた。1975年にアメリカに移住した後も『そよ風の誘惑』 Have You Never Been Mellow などのヒットを連発する。



       女優としては1978年のミュージカル映画『グリース』でジョン・トラボルタと共演。興行成績は大成功を収め、サントラからも『愛のデュエット』、アカデミー賞歌曲賞候補となった『愛すれど悲し』、『想い出のサマー・ナイツ』が連続ヒットし、押しも押されもせぬ世界的なスターとなる。1980年の映画『ザナドゥ』に主演。興行成績は不発に終わるも、サントラ曲『マジック』、ELOとの『ザナドゥ』、クリフ・リチャードとのデュエット『恋の予感』(日本ではシングルにならず『春風の誘惑』Suspended in Time がシングル・カット)がヒット。トラボルタと再度共演した『セカンド・チャンス』のサントラ曲『運命のいたずら』、『ディスペレイト・タイムス』といったヒットを挟み、アンディ・ギブと『愛は微笑みの中に』など、AOR系のデュエット曲を発表。


       1981年にはロック色を強め、アップテンポなディスコ調の『フィジカル』をリリース。全米でビルボード10週連続1位、キャッシュボックス8週連続1位、1982年度の年間チャート1位という爆発的ヒットを記録する(エアプレイ中心のラジオ&レコーズでは『フィジカル』は1位にならず、ビルボード、キャッシュボックスで『フィジカル』に抑えられ2位どまりだったフォリナーの『ガール・ライク・ユー』が逆に1位を独走していた)。当時のフィットネスブームを意識しミュージックビデオではレオタード姿でエアロビクスを踊るという強烈なイメージ戦略があたり、オリビアのセールスはこの頃にピークを迎えた。しかし、その意味深な歌詞のせいもあって、保守色の強い州南部などの一部の放送局では、この曲の放送を自粛する動きも見られた。



       1985年のシングル『ソウル・キッス』がミディアム・ヒットに終わってセールスが一段落すると、結婚生活に入り、音楽界と若干の距離を置く。その後、出産、乳癌手術などを経て、環境保護活動やがん啓蒙活動といった社会運動に取り組みはじめ、ユニセフ親善大使もつとめた。


       1994年の音楽界復帰後は定期的なライブツアーを行なうほか、2000年シドニーオリンピック開会式で「Dare To Dream」を披露した。


       『
      グリース』で共演したジョン・トラボルタとはその後も良き友人である。また、カーペンターズカレン・カーペンターとも友人であった。



       『オリビアを聴きながら』 - 作詞・作曲が尾崎亜美で、杏里が最初に歌った楽曲で、歌詞に Making Good Things Better と出てくるのはオリビアの歌『きらめく光のように』 Making A Good Thing Better を複数形にしたもの。


       乳癌の患者であった。自ら簡易乳癌検査器具(触診用)のリヴエイドをプロデュースした。製造はシルバー精工。また、オーストラリア国内にがんセンターを設立する予定である。


       







       ランキング 応援お願いします!

            
      人気ブログランキングへ
      にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                              にほんブログ村


      スポンサーサイト

      0
        • 2016.04.04 Monday
        • -
        • 22:34
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント

        オリビア・ニュートン=ジョンさん

        大好きな歌手です。曲は今でも、よく聴きます


        若々しい秘訣は、幸せでいること

        素直に同感してしまいます(嬉笑)


        ありがとうございます
        • ponsun
        • 2013/05/01 4:47 AM
        オリビア・ニュートン=ジョンさん、明るい笑顔がステキですね。
        唄はたくさん聴きましたよ。
        癌というと怖い病気と思われますが、考えようによっては病気の中でも都合の良い病気とも言うお医者さんもいますね。
        • 太郎ママ
        • 2013/05/01 8:07 AM
        Minorpoetさん、こんにちは^^
        Minorpoetさんは外国の俳優さんや歌手の方を、たくさん知っているんですね。
        すごいです。
        乳がん、早期発見できるように私も自分で定期的に調べようと思います。
        ではまた^^
        こんばんわ

        乳がんですか
        そうだったんですね・・・。

        頑張っていただきたいですね☆
        PONSUNさん コメントありがとうございます♪

        大好きな方で嬉しいです〜 年を重ねられても素敵な方ですね☆
        太郎ママさん コメントありがとうございます♪

        笑顔いいですよね〜 癌は恐れないことだと思います☆
        りせさん コメントありがとうございます♪

        そんなことないですよ〜 自分の好きな人を調べているうちに
        こんなに苦労している人とか、努力している人がいるんだとか、
        今話題になっている方を紹介していたらこんな形になりました☆
        マクシフさん コメントありがとうございます♪

        そうですね〜 笑顔からは幸せが満ち溢れてますね☆
        こんばんは〜。

        とても良い歌が多いですね。
        ガンだったとは知りませんでした。

        でも、前向きに生きる姿はステキですね。
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << March 2017 >>

        ローカルテキスト

         

        見つけよう!Amazon

        ドリームポケット

        ゴールデンアイ

        レインボーマップ

        recent comment

        recent trackback

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM