スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.04.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    愛する詩人 〜 やなせたかし 〜

    0

       
       

      人間なんてさびしいね              

       


       心と心がふれあって


       
      なんにもいわずにわかること


       
      ただそれだけのよろこびが


       
      人生至上の幸福さ


       
      たったひとりで生まれてきて


       
      たったひとりで死んでいく


       
      人間なんてさびしいね

        
       
      人間なんておかしいね



            

         人という存在を突き詰めていくと、ひとりになる。


         ひとりになるけど、その喜びは、周囲の人たちとの


         心と心の触れ合いという不思議な生き物である。

       


         ランキング 応援お願いします!
            
      人気ブログランキングへ
      にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                              にほんブログ村


      愛する詩人 〜 金子みすず 2 〜

      0

         

         わたしと小鳥と鈴と

         


        わたしが両手を広げても

        お空はちっとも飛べないが

         

        飛べる小鳥はわたしのように

        地べたを早くは走れない

         

        わたしが体をゆすっても

        きれいな音は出ないけれど

         

        あの鳴る鈴はわたしのように

        たくさんな歌は知らないよ

         

        鈴と小鳥と それからわたし

        みんな違って みんないい



            

             ※ 「桜梅桃李」という言葉がありますが、桜は桜、梅は
               
               梅、それぞれに良さがある訳で、違って当たり前です
               
               よね。人もそうです。あの人はあの人、この人はこの
               
               人、違っていいんです。むしろ、違うことの方が大切
               
               で、それを一緒にしようとする社会には、どこか矛盾
               
               が起きて来るのではないでしょうか。   



           ランキング 応援お願いします!
              
        人気ブログランキングへ
        にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                                にほんブログ村


         ポロック  〜 ふたりだけのアトリエ 〜 

        0

           精神障害の私には ピカソなど 眼中にない 

           彼の抽象主義は もはや古い



           私の画法を 
          アクション・ペインティングと 呼ぶ

           だだの アルコール依存症の 酔っ払いだ



           私にも 何がよくて 何が悪いかなんて わからない

           今日 描けたからといって 明日も描けるかは わからない



           無意識だ 無意識の中に 真実がある

           意識をしても いいものは 生まれない



           所詮 いいか 悪いかの判断は 自分ではない

           他人だ それも 何もわかっちゃいない あかの他人だ



           ひとは 天才と 呼ぶ

           どこが 天才だ 精神障害の 酔っ払いだ




          ポロック 2人だけのアトリエ [DVD]

          新品価格
          ¥992から
          (2012/6/30 10:57時点)



          ランキング 応援お願いします!

                
          人気ブログランキングへ
          にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                                  にほんブログ村

           僕は生きる

          0


             僕は 生きる

             ひたむきに ひたすらに

             僕は 生きる



             失われた たくさんの 命をうけて

             僕は 生きる

             失われた たくさんの 気持ちをうけて

             僕は 生きる



             忘れない 君の笑顔

             忘れない 君の悲しみ



             苦しいとき 悲しいとき

             僕は 君の笑顔を 思い出す



             喜びや 楽しみは

             君と分かち合う



             君の苦しみは 僕の苦しみ

             君の悲しみは 僕の悲しみ



             君の喜びは 僕の喜び

             君の笑顔は 僕の笑顔



             僕は 生きる 失われたものを 背負って



             ※ 3.11 「東日本大震災」から 1年 めくるめく 想いは 季節の移り変わりさえ

               忘れさせる しかし 忘れてならないものは 失われた 多くの命

               その命を背負って 日本中の人々が 生きなくてはいけない



             ランキング 応援お願いします!

                  
            人気ブログランキングへ
            にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                                    にほんブログ村

            通販サイト「カラメル」毎日使いたくなる文房具ブログ 
            お立ち寄りください☆

             恋のつぼみ

            0

               今日も 私の横を あなたが通って 行きます
               
               

               心のときめきが 膨らんで

               私は つぼみに なりました

               まだ 青く 硬いままです



               あなたの事を 拒む つもりはありません

               ただ もう少し 時間がほしいのです



               風が 冷たく ささやきます

               「おまえの 出番じゃないよ」



               お日様が やさしく 微笑みます

               「もう少し お待ちなさい」



               私は あなたに 最高の姿を 見せたいの



               今日も あなたは 私の横を 通り過ぎていきます

               まるで 無関心のように



               時よ お願いします

               最高の 巡りあわせを ください

               私は 早く 咲きたいのです

                




               ランキング 応援お願いします!

                    
              人気ブログランキングへ
              にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                                      にほんブログ村

              通販サイト「カラメル」毎日使いたくなる文房具ブログ 
              お立ち寄りください☆

                月の光

              0


                 煌々と 輝く 月の光を 浴びて

                 映し出される ボクと ボクの影

                 どちらが 本物の 自分だろう



                 影は いう 

                 「何を そんなに 怯えるのか」 と

                 ボクは いう

                 「実体のない キミに何が解る」



                 影が いう

                 「キミが いなければ ボクはいない」 と

                 ボクは いう

                 「当然の ことだ」



                 ボクは 黙って 歩き出す

                 影も 黙って 着いてくる



                 「来るな!」 ボクは いう

                 「ムリだ!」 影が いう



                 「キミは 何が したいんだ」 影が 問う

                 「ボクを ひとりに してくれ」 ボクは 答える



                 「それだけは できない」 影が いう

                 「なぜなんだ」 ボクは 問う



                 「キミと ボクは ともだち」 

                 影が いった

                 「ともだち?」

                 ボクは たじろいだ



                 「キミが 悲しめば ボクも悲しむ キミが 喜べば ボクも喜ぶ」

                 影は また つづける

                 「キミが いるから ボクが いる」

                 「ボクは キミの 不二の ともだち」



                 月が 雲に 隠れてしまった

                 「おーい! どこへいった! ボクを 置いてかないで ・・・・ 」



                 「はっとして 目がさめた」

                 ボクは ひとりじゃなかった






                 ランキング 応援お願いします!

                      
                人気ブログランキングへ
                にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                                        にほんブログ村

                通販サイト「カラメル」毎日使いたくなる文房具ブログ 
                お立ち寄りください☆

                No.11        法廷

                0

                   まばゆい星の数々も すべて生きている

                   それは 決められた法則でもあり 生命の営みでもあった

                   オリエントの星では 厳かな 裁きの場が 待っていた



                   オリビエは 法廷の中心へと 歩みを進めた

                   傍聴席には 数々の星の精たちが

                   そして 最前列には 「キミ子」がいた



                   「被告人 オリビエ! 壇上に上がりなさい」

                   裁判官 「ゲイル」の声が 響いた

                   「オリビエ そなたは オリエント「星の掟 第9条」に定めるところの

                    自らの手により 赤い糸を結べるのは 王のみ との条項を破った

                    ことを 認めますか」

                   オリビエは 深く 息をつくと

                   「はい!」

                   法廷内に 凛とした声が 響いた



                   「裁判官!異議の申し立てを 致します」

                   オリエントの王 「エイル」 である

                   「このオリエントの星を 守ってきた 王族の規定により

                   王子 オリビエへを 次期王と 認めます!」

                   傍聴席が ざわめいた



                   エイル王は つづけた

                   「この度の 王子の地球への派遣は 王族の規定による

                   資格審査に よるものであります」

                   オリビエには 初めて聞く 王の言葉であった

                   「アルタイルの王の資格は 何ものにも負けない ”愛” なのです」

                   王の言葉には 威厳があった



                   「アルタイルの王の名のもとに オリビエの無実を 申し立てます!」

                   王は 最後の言葉を 述べた

                   傍聴席からは 一斉に 拍手が 沸き起こった



                   「静粛に!静粛に!」

                   裁判官 「ゲイル」が 遮った

                   「ただいまより 判決を 言い渡します」

                   あたりは 静寂につつまれた

                   「被告人 オリビエは オリエントの王族の規定により 無実とする!」

                   再び 歓声で 沸き返った

                   「静粛に!」

                   裁判官の声が 再び 響いた

                   あたりは ざわついていた



                    裁判官は ざわめきを 鎮めるかのように

                   ゆっくりと 威厳ある声で 語りだした

                   「ただし この無罪は 条件付きのものとする

                   その条件は 王子と キミ子女史の ふたりは

                   7月7日の一日のみ 会えるものとする」

                   場内には ふたたび ざわめきが 起きた



                   「ゲイル」は オリビエに 回答を 求めた

                   彼は 後ろを振り向くと キミ子の顔を 見た

                   彼女には 見えない事が解っていたが 

                   彼は 声を出さず 口を動かした 

                   キミ子は 小さくうなずいた



                   オリビエは 正面に 向き直ると

                   「承知しました オリエントの星のもとに 誓います」

                   彼の声が終わるのが 早いか

                   法廷内は 歓声で包まれ しばらく 止むことが なかった

                   



                  ☆ ランキング 応援お願いします!
                    
                      
                  人気ブログランキングへ
                  にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
                                                          にほんブログ村


                                日本劣等

                  0

                     人と人とを 比べ

                     批評し 批判し

                     多数意見が すべてで

                     民主主義という



                     個人と 個性は 認められず

                     枠から 外れたものは 悪となる



                     乱れ狂う 情報と 映像

                     嘘と 偽りに 踊る人々



                     乙女は 我が身を 安売りし

                     男は 大志も抱かず 酔いつぶれる




                     日本劣等

                     大切なものは 金でも 物でもない

                     ましてや 地位や 名誉だけでは

                     仕事は できない



                     何が 劣っているのか



                     信じ合える 心と心

                     愛し合える 心と心

                     助け合える 命と命

                     救い合える 行動と行動



                     もう一度 教えて ほしい 

                                 恋の一方通行

                    0

                       わたしの 恋は 一方通行

                       いつも 前向き

                       後戻りは できないわ



                       ステキな 彼が 前に見えるの

                       だけど わたしは 通り過ぎてしまう



                       彼の方から わたしの方へ

                       来ることはないの

                       わたしは ただ ただ 前へ進むだけ



                       いつに なったら

                       ステキな 彼の となりで

                       わたしは 止まることが

                       できるのでしょう

                                       空よ

                      0

                         おお 空よ  広大な空よ

                         偉大なる 空よ



                         あなたの 知っていることを

                         教えて下さい

                         あなたの 見てきたことを
                         
                         教えて下さい


                         人類は このままで よいのでしょうか

                         地球は このままで よいのでしょうか
                         
                         答えて下さい



                         空よ おお 空よ

                         あなたの 慈愛で

                         この星を 救ってください

                         

                        << | 2/7PAGES | >>

                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        262728293031 
                        << March 2017 >>

                        ローカルテキスト

                         

                        見つけよう!Amazon

                        ドリームポケット

                        ゴールデンアイ

                        レインボーマップ

                        recent comment

                        recent trackback

                        profile

                        search this site.

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM